再「陶工・河井寛次郎」

京都国立近代美術館で行われている「川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」展、最終日の本日もう一度。

招待券をいただきまして、2回目は贅沢にも気のままに鑑賞、幸いにもふらっと行ける距離でして。

10日しか空いていないにも関わらず、新鮮に感じる作品もちらほら。

その時の気持ちで関心の強弱って変わるもの、今日の気分はこちらのよう。

流描き両手文鉢。

呉須泥刷毛目皿。

泣碗。

こうなって付けた名称かと思いますが、一周ぐるりと奇跡的な間隔と長さで垂れています。

黄釉扁壺。

海鼠釉瓶子。

白磁壺(富本憲吉)。

前回反応したのが「機械は新しい肉体」の一文

今日は「手考足思」に。

好きなものの中には必ず私はゐる。

私は習慣から身をねじる、未だ見ぬ私が見度い(みたい)から。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Cafe Aalto Japan

フィンランドにあるカフェアアルトの2号店が京都にでき、今朝モーニングを楽しんできました。

Details »

駐輪について

現在の京都は外国人観光客の方が見られなくなり、大型観光バスやタクシーの台数が減って、幸か不幸か自転車移動が快適な状況です。

Details »

SとN 4

SとN(佐賀と長崎)4号が届きまして、ただいま店頭で配布させていただいております。

Details »

「工芸批評」展

昨秋に松屋銀座で行われた「工芸批評」展、この度松本のギャラリー10cmで巡回展があり、配布用のフライヤーをお預かりしています。

Details »

穂生窯 入荷しました。

新潟は穂生窯の器が入荷しました。

新しく取り扱いとなる窯元です。 Details »

無印良品 京都山科

昨年11月にオープンした山科の無印良品に初めて伺いました。

Details »

成沢商店

新潟出張の際のいただきもの、弥彦にある成沢商店の豆菓子です。

Details »

3月の営業日

3月の営業日をお知らせいたします。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

この旅で2回目の中央食堂、諦められずにフライトぎりぎりながらも向かいました。

Details »

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »