小代焼ふもと窯

玉名から荒尾へ移動、ふもと窯にて買い付けです。

小岱山(しょうだいさん)の麓にあってふもと窯、登ったことはないですが、山の方へ進んで行くと登山口があるらしいです。

広々とした環境 敷地内にこうして土が置いてあったり、登り窯があったり。

山際にあって緑に囲まれていて(その分この時季は冷え込みも厳しいですが)、きれいに整えられた仕事場、本当に気持ちの良い所です。

瑞穂窯に続きふもと窯の器も品出しは年明けの予定、完了次第ブログにてお知らせさせていただきます。

飴釉や白掛のスリップウェアに加えて、青白い発色が特徴の小代焼も買い付けをしています。

伝統的な小代の器は発色の触れ幅が広いため、直接買い付け時にのみご用意をしていまして。

上の画像にある5枚、同じ釉薬をかけて焼成をしていますが、発色には大きく個体差が生じます(クリックすると拡大します)。

小代焼らしい焼き上がりとして、窯が目指す着地点は真ん中にあるこちらなのですが、

私が個人的に好んでいるのが一番左のもの。

何とも言えぬ、沸々と滲み出てきたような青色に魅了される一番焼きの強いものです。

この上がりのものが欲しくて、変にこだわってしまい、結果頻繁に提供できない状況を作ってしまっていますが、同じく好みの方がいらしたらうれしく思います。

今回の買い付けも内容濃いものになっていますので、どうぞ品出しを楽しみにされてください。

熊本弾丸買い付け旅はこれにて終わり、食事もままならず、運転しながらが頬張って終了です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ベッカライ徳多郎

以前京都に住んでおられ関東へと引っ越しされた方、先日ご旅行で来られた際に有り難くいただきものをしまして。

Details »

あんぽーね

祇園あのんのあんぽーねをいただきました。

Details »

勝手ながら

急な決定で申し訳ありませんが、本日4月1日、誠に勝手ながら17時閉店とさせていただきます。

疎水の桜

今日の琵琶湖疏水の桜、一本だけ5分咲きで後はまだつぼみです。

Details »

斉藤造酢店のタマヒメ酢

穀物酢、黒酢、リンゴ酢、バルサミコ酢と常置をしているほどお酢好きなのですが、こちらの存在を知ってからずっと気になっていまして。

Details »

ビィヤント

帰郷していた友人と疎水で夜桜花見の予定がまだつぼみ状態だったので、ごはん呑みへとシフトチェンジ。

 

カレー専門店ビィヤントへ参りました。 Details »

4月の営業日

4月の営業日をお知らせいたします。

Details »

SAVVY 5月号

3月23日発売、京阪神エルマガジン社発行のSAVVY 5月号に掲載をいただきました。

特集は「暮らしの道具が買える店」です。

Details »

CASSINI

ご近所さんに聞くまで開店したことを知らずにいましたパン屋さん、CASSINIへ参りました。

Details »

三重は鈴鹿の蔵元、清水清三郎商店の作をいただきました。

でく工房へ伺った帰りに駅で見かけ、一度買って帰ったことがあります。 Details »

TAPIR レーダーバルサムについて

レザーメンテナンス用品として取り扱いをしていますTAPIR製品、少々仕様変更がありましてお知らせをいたします。

Details »

KYOTO CRAFTS MAP

先日ご案内をしましたKOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”、当日会場で用意されていましたKYOTO CRAFTS MAP、部数に限りがありますが当店でも配布をしています。

Details »