柿渋のうちわ

この季節がやってきました。

昨年、この時期から夏の終わり頃まで販売をしていました柿渋のうちわです。

商品の詳細についてはこちらへ。

熊本県の来民で作られているのですが、渋を塗って仕上げるのがこの地方の作り方です。

最盛期には16軒の店で作られていたそうですが、現在はここ1軒だけ。

先日届いた柿渋のうちわ、箱を開けると同時にふわっと香ってきました。

自然のもので仕上げをしていますので、1点ずつ風合いが違います。

数がある時はお好みのものをお選びいただけますのでお気軽にお申し付けください。

昨年の夏、小さい方のうちわは外出時にちょうどいいと多くの方に気に入っていただきました。

今週は肌寒い日が続きましたが、ゴールデンウィーク後半は晴れて暖かくなるようですね。

来民うちわ

中 ¥1,680

小 ¥840

contact:info@rokunamono.com

【ゴールデンウィーク中の営業日について】

通常は水曜日が定休となりますが、5月8日(日)までのゴールデンウィーク期間中は、毎日営業しております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

双六岳

三俣蓮華岳と双六岳の標高差は20m、なだらかなアップダウンはあるもののとても歩きやすい道です。

Details »

三俣蓮華岳

裏銀座縦走3日目、この日も予定より1時間繰り上げて4時出発にしました。

Details »

三俣山荘へ

ここから2日目の宿泊地点、三俣山荘を目指します。

コースタイムで約2時間半です。

Details »

水晶小屋・水晶岳

赤岳の上に建つ水晶小屋、南北どちらの縦走路から来てもややきつめの上りで、がんばりの後のオアシスです。

Details »

野口五郎岳

野口五郎岳への上りの途中、振り返った先には野口五郎小屋とこれまで歩いてきた道、そしてその奥には雲海が広がっていて。

Details »

裏銀座2日目

2日目、当初の計画より1時間早めて4時の出発に。

日の出前に上り始め、間もなくでご来光です。 Details »

烏帽子岳

ニセ烏帽子岳から烏帽子岳へ。

最後は岩場、1ステップ高めの上りです。 Details »

烏帽子小屋・ニセ烏帽子岳

裏銀座縦走の続き、烏帽子小屋に到着。

標高2,520mです。 Details »

9月の営業日

9月の営業日をお知らせいたします。

Details »

ブナ立尾根より烏帽子小屋

裏銀座縦走1日目の続き、登山口より樹林帯をひたすら上っていきます。

Details »

ブナ立尾根登山口

昨日から始まりました夏山登山記録、裏銀座のスタートは高瀬ダムから。

トンネルを抜け、橋を渡っている様子です。

Details »

裏銀座縦走

毎年だいたい山の日あたりに山仲間と楽しむ山歩き、今年は裏銀座へ行ってきました。

Details »