延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。

土を掘って(裏山から)陶器を焼くとの事情(煙の問題)からこの環境ですが、とても気持ちの良い場所です。

外を眺めながらよくお茶休憩されるそうで、この日わたしも味わせていただきました。

ばたばたの滞在でお昼ごはんを食べに行く時間がなく、この後食事もいただいてしまったり…。

買い付けから時間が経っていますが、現在の延興寺窯コーナーがこちら。

湯のみ、ポット、カップ類、平皿を中心に揃えていますので、本日の様子をどうぞご参考に。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

双六岳

三俣蓮華岳と双六岳の標高差は20m、なだらかなアップダウンはあるもののとても歩きやすい道です。

Details »

三俣蓮華岳

裏銀座縦走3日目、この日も予定より1時間繰り上げて4時出発にしました。

Details »

三俣山荘へ

ここから2日目の宿泊地点、三俣山荘を目指します。

コースタイムで約2時間半です。

Details »

水晶小屋・水晶岳

赤岳の上に建つ水晶小屋、南北どちらの縦走路から来てもややきつめの上りで、がんばりの後のオアシスです。

Details »

野口五郎岳

野口五郎岳への上りの途中、振り返った先には野口五郎小屋とこれまで歩いてきた道、そしてその奥には雲海が広がっていて。

Details »

裏銀座2日目

2日目、当初の計画より1時間早めて4時の出発に。

日の出前に上り始め、間もなくでご来光です。 Details »

烏帽子岳

ニセ烏帽子岳から烏帽子岳へ。

最後は岩場、1ステップ高めの上りです。 Details »

烏帽子小屋・ニセ烏帽子岳

裏銀座縦走の続き、烏帽子小屋に到着。

標高2,520mです。 Details »

9月の営業日

9月の営業日をお知らせいたします。

Details »

ブナ立尾根より烏帽子小屋

裏銀座縦走1日目の続き、登山口より樹林帯をひたすら上っていきます。

Details »

ブナ立尾根登山口

昨日から始まりました夏山登山記録、裏銀座のスタートは高瀬ダムから。

トンネルを抜け、橋を渡っている様子です。

Details »

裏銀座縦走

毎年だいたい山の日あたりに山仲間と楽しむ山歩き、今年は裏銀座へ行ってきました。

Details »