小代焼ふもと窯

玉名から荒尾へ移動、ふもと窯にて買い付けです。

小岱山(しょうだいさん)の麓にあってふもと窯、登ったことはないですが、山の方へ進んで行くと登山口があるらしいです。

広々とした環境 敷地内にこうして土が置いてあったり、登り窯があったり。

山際にあって緑に囲まれていて(その分この時季は冷え込みも厳しいですが)、きれいに整えられた仕事場、本当に気持ちの良い所です。

瑞穂窯に続きふもと窯の器も品出しは年明けの予定、完了次第ブログにてお知らせさせていただきます。

飴釉や白掛のスリップウェアに加えて、青白い発色が特徴の小代焼も買い付けをしています。

伝統的な小代の器は発色の触れ幅が広いため、直接買い付け時にのみご用意をしていまして。

上の画像にある5枚、同じ釉薬をかけて焼成をしていますが、発色には大きく個体差が生じます(クリックすると拡大します)。

小代焼らしい焼き上がりとして、窯が目指す着地点は真ん中にあるこちらなのですが、

私が個人的に好んでいるのが一番左のもの。

何とも言えぬ、沸々と滲み出てきたような青色に魅了される一番焼きの強いものです。

この上がりのものが欲しくて、変にこだわってしまい、結果頻繁に提供できない状況を作ってしまっていますが、同じく好みの方がいらしたらうれしく思います。

今回の買い付けも内容濃いものになっていますので、どうぞ品出しを楽しみにされてください。

熊本弾丸買い付け旅はこれにて終わり、食事もままならず、運転しながらが頬張って終了です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伏見稲荷大社

続いて伏見稲荷大社へ。

24時間参拝可能で一度深夜に訪れたことがあるのですが、今回は朝早く。 Details »

サンドイッチのタナカ

山形から先輩友人が来京、朝から半日京都巡りを楽しみました。

Details »

マイフェバ 2018年11月1日号

JR西日本のウェブサイト「マイフェバ 2018年11月1日号」に掲載をいただきました。

Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄、読谷山焼北窯の器が入荷しました。

Details »

生姜の甘酢漬け

年中手に入り、価格も安定しているので気にしたことがなかったのですが、生姜の旬っていつなのかと。

Details »

11月の営業日

11月の営業日をお知らせいたします。

Details »

丹波の黒豆

丹波産の黒豆をいただきました。

甘納豆のような状態ですが、砂糖不使用とのこと、 Details »

伊賀焼土鍋 入荷しました。

通年で販売している伊賀焼の土鍋ですが、先日追加入荷し、欠品していたものも補充完了しました。

初めてご覧になる方に改めてご紹介させていただきます。

Details »

Castella do Pauloのカステラ

北野天満宮の近く、Castella do Paulo のカステラをいただきました。

Details »

河井寛次郎展

兵庫陶芸美術館で12月9日(日)まで行われている「没後50年 河井寛次郎展-過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今-」、招待券をお預かりしています。

Details »

Sugar coatのクッキー

新潟はSugar coatのエスプレッソクッキーをいただきました。

Details »

李青

河原町今出川の交差点から少し南、李青でお昼ごはんをいただきました。

Details »