元興寺

以前から行ってみたかったお寺、元興寺にも初詣へ参りました。

初めての正式な仏寺として596年に飛鳥に建てられた法興寺が元興寺の大元です。

平城京遷都をきっかけに現在の場所(奈良市)に改めて建てられることになり名を元興寺と、それから今年で1,300年になるそうです。

奈良時代の骨太で簡潔な建物は好きなものの機会があればと訪ねる程度、仏教や歴史に詳しくないのでその点はあしからず。

門を入った正面にあるのが極楽堂、国宝です。

中にも入りお参りしました。

構造上必要あっての柱の建て方なのでしょうが、内柱もまた気持ちの良い間隔で存在しています。(中は撮影不可だったと。)

扉や建具、格子組みなどの力強くきれいなこと、そのピシッと筋が通った様子、加えてシンメトリー好きにはグイグイくる格好良さです。

極楽堂とその後ろに続く禅室、飛鳥より瓦が運び移され、使われている数千枚は日本最古のものだそうです。

東大寺の大仏が完成した際の開眼法要は元興寺の僧が講師となり経を講じたとのこと、奈良に移った後も平城の飛鳥寺と呼ばれており、まさに仏教の源であるお寺と。

東大寺や興福寺に近く、ならまち観光の際に訪れやすい場所にありまして、折角ならと東大寺まで足を延ばしました。

途中でお餅休憩、高速餅つきで有名な中谷堂でよもぎ餅を。

この時は餅つき最中ではありませんでしたが、何事かと思うくらいの人だかり。

餅つきだけでなく従業員の皆さん手際が良く、注文を混乱なくさばかれていて、心配をよそにすぐに購入できました。

形をキープするのが難しいくらいの柔らかさ、そっとつまみながら、できたてをおいしくいただきました。

東大寺に到着するも大仏殿の拝殿には時間が足りず、南大門と金剛力士像だけを拝見。

ここだけでも(こここそ)と思っていたので、十分に満足です。

できれば同じ目線に立って見てみたいもの。

近づくと肉感に圧倒され、見下ろされている感に冷静になれず。

守護としての役割を全うされすぎて、毎度のことですが心穏やかな鑑賞が難しいです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

アルザス

先日長野から友人が来ていまして、久々にアルザスへ。

Details »

dough

御所南にあるdoughのパンをいただきました。

Details »

吉田パン

茶寮宝泉から松ヶ崎の吉田パンへ。

Details »

茶寮 宝泉

建築見学の後は下鴨の茶寮宝泉へ。

当店と定休が同じとあってなかなか機会がなく、いつか伺ってみたいと思っていたお店です。 Details »

本野精吾自邸

先日一般公開が行われていた本野精吾邸の見学に伺いました。

Details »

REAL HARNESS 追加入荷

イギリスはREAL HARNESSのレザーベルト、昨日追加入荷をしまして、欠品していた色、サイズのご用意ができました。

Details »

ななほし食堂

あやぐ食堂とは姉妹店の関係にあります、ななほし食堂でお昼ごはんです。

Details »

照屋窯 入荷しました。

先日お知らせをしていました照屋窯の器、店頭出しが完了しました。

Details »

富盛の石獅子

八重瀬にある富盛の石獅子を見に行きました。

Details »

2月の営業日

2月の営業日をお知らせいたします。

Details »

あやぐ食堂

首里のあやぐ食堂へ。

Details »

照屋窯

照屋窯へとご挨拶に。

Details »