常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

建築に詳しくありませんが、お名前は存じ上げております、堀口捨巳の設計。

1961年の竣工です。

外壁は紫色のタイル張り、1ピースが小さくて遠景ではモザイクタイルと分からないのですが、そのためかこのグラデーションが不思議な雰囲気を醸し出しています。

ガラスブロックやアクリルのプレート、いろいろと言い切れないのですが、細かい金具のひとつまで気持ちの良い用いられ方で。

カラーリングもまたおもしろく、エントランス正面の階段は金。

隣の展示室は銀。

採光部分。

赤い部屋は、

茶室へと。

その上階は緑。

補色の関係性で用いられているよう。

銀色の展示室の上部、採光窓の屋外部分はこのような様子です。

ガラスブロックにPタイル、採光窓などあらゆる部分が市松仕様。

それもこだわりのひとつと伺いました。

海が望めるロケーション、海上輸送にも便利な土地とのことですよね。

開館時には引かれている門扉も閉館日のこの日はご覧の通り、全貌が見られる稀な機会とあって。

お休みながらこんなに有意義な時間をいただけ、ご案内本当に感謝しています。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

しろたえのマドレーヌ

東京は赤坂、しろたえのマドレーヌをいただきました。

Details »

2月の営業日

2月の営業日をお知らせいたします。

Details »

とみぐすく食堂

晩ごはんはとみぐすく食堂で、2回目の訪問です。

Details »

引き続き縄文展

レプリカながら別ブースの暗室に、炎の演出などあって火焔型土器は特別扱い。

Details »

縄文と沖縄

沖縄県立博物館で行われていた企画展「縄文と沖縄」の鑑賞へ。

Details »

てぃしらじそば

首里のてぃしらじそばでお昼ごはんです。

Details »

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »