甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

大瓶や土管などの生産が盛んだった常滑ですが、個人的には朱泥の急須の印象だったので、この度拝見させていただけるのが運良くうれしくて。

注ぎ口の部分を挽いているところ、触れておられる感覚からキメ細やかな土であることが伝わってきます。

何千何万と作られているからと、手が自動化していて傍から見ると簡単そう。

長けておられる方ほど無駄な動きがなく、さらっと作られているように感じるもの。

無言で見続けていられる気持ちよさに、しばらく静止。

15個ほど作られた後、取手作りへ。

パーツごとに作って組み合わせていく急須作りの大変さは想像以上。

主に皿鉢を作られている窯元(当店でお付き合いをしている方々)で急須の制作数が少ないこと、工程の多さゆえと何となくでも伝わりましたら。

すみません、ついつい自分とこの話に繋げてしまうと。

甚秋さんでは様々な形の急須を作られていて、工房の脇にある展示室では実際に手に取ることができます(撮影を忘れました)。

このりんご型のものもそのひとつ、珍しい方法で蓋と本体を一緒に挽き上げ、後から切り離してそれぞれに仕上げを施すとのこと。

形や作り方は独自にあみ出されているようで、バリエーション豊かです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

洋食にも向く和食器

DSCF1275

昨日ご案内をしました今月26日(金)より開催の9周年記念企画展 、テーマは「洋食にも向く和食器」です。

Details »

9周年記念企画展

9周年記念企画展についてお知らせをいたします。

Details »

岡崎の桜

本日の岡崎の桜の様子を。

朝7時前の平安神宮、早朝は独り占め状態です。

Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄、読谷山焼北窯の器が入荷しました。

この度は松田米司工房の器を追加しています。

Details »

ベッカライ徳多郎

以前京都に住んでおられ関東へと引っ越しされた方、先日ご旅行で来られた際に有り難くいただきものをしまして。

Details »

あんぽーね

祇園あのんのあんぽーねをいただきました。

Details »

勝手ながら

急な決定で申し訳ありませんが、本日4月1日、誠に勝手ながら17時閉店とさせていただきます。

疎水の桜

今日の琵琶湖疏水の桜、一本だけ5分咲きで後はまだつぼみです。

Details »

斉藤造酢店のタマヒメ酢

穀物酢、黒酢、リンゴ酢、バルサミコ酢と常置をしているほどお酢好きなのですが、こちらの存在を知ってからずっと気になっていまして。

Details »

ビィヤント

帰郷していた友人と疎水で夜桜花見の予定がまだつぼみ状態だったので、ごはん呑みへとシフトチェンジ。

 

カレー専門店ビィヤントへ参りました。 Details »

4月の営業日

4月の営業日をお知らせいたします。

Details »

SAVVY 5月号

3月23日発売、京阪神エルマガジン社発行のSAVVY 5月号に掲載をいただきました。

特集は「暮らしの道具が買える店」です。

Details »