常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

少し街をぶらぶら、盆栽鉢を専門に作られている山秋製陶所を見学させていただきました。

常滑焼の規模や特徴など全く知識のない状態だったので、見るもののいろいろが新鮮です。

窯は建物内にあってこの迫力。

これ自体が昇降式になっていて、積み揚げた焼き物をスライドし、窯がそれを覆うように被さって設置。

上部はご覧の通りです。

ガシッとした何だか強そうな装置に圧倒されます。

型の種類と数が相当なものでして、それだけの生産数とのことかと。

管理だけでも大変だと思うのですが、率直に道具がとてもきれいで。

倉庫好きでまた収納にはこだわる方、この様子がたまらなくて違う目線でうっとりしていました。

昭和の初め頃、常滑の街には何百もの煙突が立っていたそう。

現在では数えるほどのようですが、山秋さんでも災害のことを考えてこのままにしておくかどうしようかとお話されていました。

レンガ造りの四角い煙突にハシゴ状の鉄筋と、これもまた格好良い佇まいです。

つづく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

しろたえのマドレーヌ

東京は赤坂、しろたえのマドレーヌをいただきました。

Details »

2月の営業日

2月の営業日をお知らせいたします。

Details »

とみぐすく食堂

晩ごはんはとみぐすく食堂で、2回目の訪問です。

Details »

引き続き縄文展

レプリカながら別ブースの暗室に、炎の演出などあって火焔型土器は特別扱い。

Details »

縄文と沖縄

沖縄県立博物館で行われていた企画展「縄文と沖縄」の鑑賞へ。

Details »

てぃしらじそば

首里のてぃしらじそばでお昼ごはんです。

Details »

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »