蕎麦切塩釜

蕎麦はここと決まっていて、毎度同じお店のご紹介ですが、蕎麦切塩釜へ参りました。

一乗寺ラーメン街道沿いにあるそば店、こちらいつも賑わうお店ですが、ピーク時を避けての訪問ですんなり入れました。

頼むものはおおよそ3択、今回は豚の胡麻たれせいろを注文。

小規模ながらもそば処で育ちまして、そばにはコシを求めるのでいただくのは冷しに限っています。

冬でも冷たいものを、そしてたくさん食べたい欲求も強くあり。

塩釜のそばはこちらで普通盛り、そばでお腹いっぱいになれる幸せを難なく満たしてくれるお店です。

締めたそばをまろやかな胡麻だれでいただき、時折豚肉に巻いて一緒にずずっと。

外遊びの帰りで相当空腹だったので余計においしく、なかなかのスピードで完食です。

そば湯をくださるので、胡麻だれも余すことなくいただきました。

ブログをよくご覧いただいている方から、こちらに伺ったとのご報告度々受けていまして、物だけでなくおいしいものの共有ができるのもうれしい限りです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

しろたえのマドレーヌ

東京は赤坂、しろたえのマドレーヌをいただきました。

Details »

2月の営業日

2月の営業日をお知らせいたします。

Details »

とみぐすく食堂

晩ごはんはとみぐすく食堂で、2回目の訪問です。

Details »

引き続き縄文展

レプリカながら別ブースの暗室に、炎の演出などあって火焔型土器は特別扱い。

Details »

縄文と沖縄

沖縄県立博物館で行われていた企画展「縄文と沖縄」の鑑賞へ。

Details »

てぃしらじそば

首里のてぃしらじそばでお昼ごはんです。

Details »

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »