出町ふたば

出町ふたばの桜餅、名代豆餅、本よもぎ草餅をいただきました。


ふたばの桜餅を食べるのは初めて、山桜の葉2枚包み仕様です。

道明寺粉の白い桜餅と塩気のある桜の葉、葉っぱは一緒にいただく派ですが、2枚だと少し塩味が強過ぎたので1枚に包んでいただきました。

甘いあんこと塩っ気と、そして道明寺粉の食感とこの香りと、餅菓子の中でも桜餅のパンチの強さはなかなかのものかと。

和菓子の中でも一番季節を感じるのがこの桜餅、味のバランスが個性的なことも含めて大好物です。

一緒にいただいた名代豆餅と本よもぎの草餅が期せずして春仕様になっていまして。

と言うのも同じパックの中に半日あったため、塩漬けの葉の香りが移っていただけのことなのですが。

もちろん直接触れないようにフィルムや餅紙が巻かれていて、配慮されております。

ただこのほんのりと香りが移った豆餅にちょっと上がった私、勝手に春版をいただいているような気分になっていました。

この度もお気遣いのいただきもの、本当にありがとうございます。

楽しくおいしく頂戴いたしました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

しろたえのマドレーヌ

東京は赤坂、しろたえのマドレーヌをいただきました。

Details »

2月の営業日

2月の営業日をお知らせいたします。

Details »

とみぐすく食堂

晩ごはんはとみぐすく食堂で、2回目の訪問です。

Details »

引き続き縄文展

レプリカながら別ブースの暗室に、炎の演出などあって火焔型土器は特別扱い。

Details »

縄文と沖縄

沖縄県立博物館で行われていた企画展「縄文と沖縄」の鑑賞へ。

Details »

てぃしらじそば

首里のてぃしらじそばでお昼ごはんです。

Details »

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »