壺屋

沖縄仕入紀行に戻りまして、壺屋でのいろいろを。

時間のある時に行ってみたかったビンジュルグワー。

ビンジュルグワーとは壺屋の土地を守る神様を祀っているところです。

案内板に書いてあったのですが、壺屋の行事は全てここに始まりここで終わるよう、この土地の方にとってとても大切な場所。

ガジュマルの木、この高さだと剪定は難しいと思うのですが、すごくきれいな形をしていて拝みたくなる気持ちになりました。

隣には壺屋焼で飾られた建物、町民会館だったかと。

壺屋の道、至る所で陶片で作られたタイルアートを見ることができます。

細くて傾斜が多い印象なのですが、滑り止めも兼ねているのだと思います。

ひとつひとつ違うので、それらを見て歩くだけでも楽しくて。

車道なのでどうぞ下を向き過ぎないようご注意ください。

やちむん通りへ。

路面の雰囲気ある家とブーゲンビリアを撮影していらっしゃる方がおられましたが、右奥のコンクリート造のお宅の方が角好きには気になるところ。

赤瓦の建物も残ってはいますが、周辺はほとんどコンクリ造、混在して見られるのが観光地らしい風景です。

ここから焼物博物館へと向かい、この時行われていた特別展「民藝と壺屋焼」を鑑賞しました。

金城次郎、小橋川永昌、新垣栄三郎の品も含め戦前の壺屋焼や濱田庄司、河井寛次郎の作品までコンパクトながら凝縮して展示されていました。

じっくり見入っていたのですが、途中で鑑定依頼の方が来られて学芸員の方と何やらやり取り。

それが気になって仕方なくて、金城次郎のものかどうかを見て欲しかったらしいのですが‥‥、なかなか面白い現場に居合わせました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

金鶴の酒かす

新潟は佐渡、加藤酒造店「金鶴」の酒かすをいただきました。

Details »

小多福

小多福のおはぎをいただきました。

こちらは粒感のある古代米。 Details »

小代焼ふもと窯

玉名から荒尾へ移動、ふもと窯にて買い付けです。

Details »

玉名温泉 玉の湯

瑞穂窯に深夜まで滞在、それから少し睡眠を取って、翌朝は営業一番に玉の湯へ。

Details »

小代瑞穂窯

熊本空港から瑞穂窯へ、夕方の便とあって晩の到着となりました。


Details »

阿蘇くまもと空港

関西空港から阿蘇くまもと空港へ、この度新規就航した路線での移動です。

Details »

橋の湯食堂

先月のことになりますが、熊本へ買い付けに行っていました。

今回も関西空港からLCCを使ってのアクセス、お昼は谷町六丁目にある橋の湯食堂でいただきました。

Details »

震災復興チャリティー

2016年4月より継続的に行っています熊本地震の復興チャリティー品。

継続的なはずが、有り難くも好評で品切れしていることの方が多い状態でして、 Details »

年末年始の営業について

年末年始の営業についてお知らせをいたします。

Details »

efish

カレーの後はお茶を。

五条鴨川沿いにありますefishへ。 Details »

ムジャラ

先週末長野から友人が来ていまして、仕事終わりの夜にごはんとお茶と。

ごはんはスパイスカレーのお店ムジャラに行きました。 Details »

AND Bread kitayama

北山のパン店、AND Bread kitayamaのパンをいただきました。

Details »