給食用箸カゴ(カトラリーケース)

小物干し(タオル掛け)に続いて梅雨時期に紹介したい水回りで活躍する商品、ステンレス製の箸カゴ(カトラリーケース)です。

開店当時から販売をしていますが、当たり前に(わたしには…)ありすぎて9年前に掲載したぶりのご案内でした。

「懐かしい」とおっしゃる方も多い商品、給食の際に使うクラス分の箸やスプーンが入っていたあのカゴです。

何十年も形が変わっていないことに驚きますが、必要な機能が備わっていて完結してしまっているのかと。

取っ手が付いているのは持ち運びしやすいように、畳むと平らになるのは積み重ねができるようにとの作り。

本体はステンレスのワイヤー格子で、両端は細いものが飛び出ないようパンチング板が溶接されています。

積み重ね、ご家庭で使用する際にはあまり関係ないかもしれませんが、給食食器を食器洗浄器で洗う際には需要なことで。

コンパクトになるのはご家庭で洗浄器を使われる方にも便利かと思います。

空気が通るので乾きが早く、湿気の心配も最小限、業務使用に耐える頑丈な作りです。

箸、スプーン、フォークなどの収納の他、洗濯バサミや絵筆入れにと皆さんいろんな目的で購入されていまして。

一度目にしたら強く印象に残るようで、ご自宅に帰って使用目的を見つけ買いに戻って来てくださる方が多い商品、それを拝見しているのもおもしろいです。

給食用箸カゴ

¥2,900(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Casa BRUTUS No.241

本日3月9日発売、マガジンハウス発行のCasa BRUTUS No.241に掲載をいただきました。

Details »

Cafe Aalto Japan

フィンランドにあるカフェアアルトの2号店が京都にでき、今朝モーニングを楽しんできました。

Details »

駐輪について

現在の京都は外国人観光客の方が見られなくなり、大型観光バスやタクシーの台数が減って、幸か不幸か自転車移動が快適な状況です。

Details »

SとN 4

SとN(佐賀と長崎)4号が届きまして、ただいま店頭で配布させていただいております。

Details »

「工芸批評」展

昨秋に松屋銀座で行われた「工芸批評」展、この度松本のギャラリー10cmで巡回展があり、配布用のフライヤーをお預かりしています。

Details »

穂生窯 入荷しました。

新潟は穂生窯の器が入荷しました。

新しく取り扱いとなる窯元です。 Details »

無印良品 京都山科

昨年11月にオープンした山科の無印良品に初めて伺いました。

Details »

成沢商店

新潟出張の際のいただきもの、弥彦にある成沢商店の豆菓子です。

Details »

3月の営業日

3月の営業日をお知らせいたします。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

この旅で2回目の中央食堂、諦められずにフライトぎりぎりながらも向かいました。

Details »

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »