再「陶工・河井寛次郎」

京都国立近代美術館で行われている「川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」展、最終日の本日もう一度。

招待券をいただきまして、2回目は贅沢にも気のままに鑑賞、幸いにもふらっと行ける距離でして。

10日しか空いていないにも関わらず、新鮮に感じる作品もちらほら。

その時の気持ちで関心の強弱って変わるもの、今日の気分はこちらのよう。

流描き両手文鉢。

呉須泥刷毛目皿。

泣碗。

こうなって付けた名称かと思いますが、一周ぐるりと奇跡的な間隔と長さで垂れています。

黄釉扁壺。

海鼠釉瓶子。

白磁壺(富本憲吉)。

前回反応したのが「機械は新しい肉体」の一文

今日は「手考足思」に。

好きなものの中には必ず私はゐる。

私は習慣から身をねじる、未だ見ぬ私が見度い(みたい)から。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

沖縄の器の話

2月17日のブログで紹介しました沖縄の器が苦手だったという方のお話、覚えていますでしょうか。

本日のブログはそちらを先にお読みいただいてからどうぞ。 Details »

洗濯用品

昨日、近畿地方は梅雨入りとなりました。

洗濯が悩ましい季節ですが、少しでもストレスを軽くするべく、洗濯用品は使い心地のいいものを選びたいところです。

Details »

Casa BRUTUS No.242

4月9日発売、マガジンハウス発行のCasa BRUTUS No.242に掲載をいただきました。

  Details »

ボン・ボランテ

荒神口のパン屋さん、ボン・ボランテのクロワッサンをいただきました。

ひとつはチョコ入りです。 Details »

6月8日〜15日の営業について

ただいま新型コロナウィルスの感染状況に応じて様子を見ながらの営業とあり、1週間単位で営業日をお知らせしています。

6月8日(月)〜15日(日)の営業日程です。 Details »

水無月

今年の水無月は鍵善良房で。

こんなに邪気払いの気持ちが募る6月を迎えるとは…、夏越の大祓を待たずともとの思いから、 Details »

梅酒仕込み

ブログの再開は季節のもので、今年も梅酒の仕込みを終えました。

とりあえず1瓶です。

Details »

6月1日〜7日の営業について

先週より通常時間にて営業を再開しました。

「こんにちは、お久しぶりです!」とのお声がけができ、
Details »

5月25日〜31日の営業について

現在、新型コロナウィルスの感染状況に応じながら少しずつ営業を再開しています。

予約制は25日まで、26日以降は以下のスケジュールで営業をいたします。 Details »

限定的営業再開

15日(金)より限定的ではありますが、営業を再開いたします。

在店が1組のみとなるよう予約制にて受付、入店いただける時間(店舗到着時間)は13:30〜19:00、水曜定休です。

ご希望の方は前日の18:00までにメールにてご連絡ください。 Details »

改めてお知らせ

昨日の緊急事態宣言指定地域の拡大を受けて4月17日(金)より期間未定の店舗休業といたします。

事前連絡制の期間もご利用がないことは承知の上で、最終的な選択肢としての策でしたが、深刻な状況を受けての決定です。 Details »

今後の営業について

4月12日(日)から事前連絡制での営業とさせていただきたくのお願いです。

本日発表された京都府、京都市の国への緊急事態宣言発出要請を受け、受理されるか否かに関わらず、深刻な状態にあることには違いなく、今後の営業を大幅に縮小することにしました。 Details »