小鹿田焼入荷 番外編

小鹿田を訪ねた時に坂本浩二窯で分けていただいた商品のご紹介を。

普段お願いしている器とは少し違った類の品物です。

dscf2262

ぐいのみのそれぞれ、左ふたつは通常と変わらずの作りですが、一番右は白化粧をしていないもの。

dscf2264

小鹿田の土にそのまま緑釉を掛けており、土の様子が透け、面白い緑の色となっています。

こちらはかなり大振りなもの。

dscf2269

直に透明釉や黒釉と、燻されたような渋い色に焼けていまして、何色と言えない仕上がりです。

そしてこちらは土自体がいつもとは違っているのですが、浩二さんに「小鹿田の土ですか?」と不意に聞いてしまったもの。

dscf22621

地の土のみで混ぜ土をしないのが小鹿田焼と知った上で思わずの質問、それ程に手触りが全く違っていまして。

良く見ると土の粒が見えます。

dscf22641

原料は同じでも水簸する回数が異なるよう。

粗めで濾すため大きめの粒子が残るのですが、ろくろ挽きをする際には手が擦れて痛いのだとか。

土自体の粘りは低く、そのため通常のものより厚めの作りとなっています。

dscf2270

厚みはあってもスキッとした印象、野暮ったさはなく絶妙のバランスと思います。

dscf2260

こちらも化粧掛けはせずの直釉で、透明、緑、飴とそれぞれにご用意がありますので、光に当てて比べてみてください。

これらのぐいのみは息子拓磨君が作ったものです。

昔の陶工はこうした粗土を挽いてみたり、土瓶のツマミとして石を付けてみたりと様々に制作をされていたようで。

それによって道具が痛んだり、また焼き損じが多く出たりと数を作る仕事の中では難しい面があり、今は積極的に作ることはないそうです。

ただやってみることで普段の仕事に対して気付くことがあるものと、若いうちにできることはと先々を見据えての浩二さんの考え、引き継ぐ親の想いです。

そんな事情で制作自体が非定番のため、定番外商品として販売させていただきます。

日常的な仕事ではありませんが、これも小鹿田と深く納得。

目に付いたものひとつにも理由があり、やはり訪問は楽しいものです。

dscf2522

箸置きも少し分けていただきまして、双方売り場に追加しています。

年内の商品案内はこれにて最終、本年の営業日は残すところあと5日です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

油塗り

上京区下立売通知恵光院に創業200年の油屋「山中油店」があります。

一度行ったことがあり、建材用の乾性油が置いてあったことを覚えていたので、床用に使うものを買いに行きました。 Details »

フローリング2日目

フローリングの続きです。

要領は掴んだので坦々と張っていくのですが、最後の微調整が大変でした。

隙間を埋めたり、直線ではない壁に合わせて、カンナで少しずつ削り合わせながらはめていきます。 Details »

フローリング施工

戻ってきてからも、やることは山ほど。

休む暇もなく、内装作業へ。

Details »

鳥取にて最終日

島根から鳥取へ移動。

道は空いているとは言え、思った以上に遠いですね。

鳥取では、何軒か窯元を回る予定で、事前に何軒か連絡をしていました。 Details »

島根

朝から出西窯へ向かいました。

お客さんで賑わう売店は、とても立派で見やすく、豊富に揃っていました。 Details »

山陰へ

ここからは山陰へ向かうため、昨晩のうちに行ける所まで行こうと北九州市で一泊しました。

関門海峡を渡り、山口市、萩市を経て島根県へと向かいます。

Details »

小代焼

以前から訪れてみたかった小代焼の窯元へ行きました。

小鹿田焼と同じく、陶器に興味を持ったきっかけとなった「ふもと窯」への買い付けです。 Details »

熊本へ

昨晩は小鹿田焼の窯元から福岡に戻っていたので、午前中は福岡のお店巡り。

繁華街、高級住宅地周辺、路面店が点在している所など、様々な店に立ち寄ったのですが、対象とする人によって、内装や音楽、お店の方の雰囲気もそれぞれで、注意深く見ているととても参考になります。 Details »

小鹿田焼

九州への仕入れの大きな目的である小鹿田焼の窯元へ向かいました。

この集落には14軒の家があり、そのうちの10軒が窯元です。 Details »

九州買い付け

今日からは九州へ買い付けです。

福岡→大分→熊本→島根→鳥取と回り、 Details »

沖縄4日目

沖縄最終日の今日も早起きをして、那覇市内の奥原ガラス工房へ向かいました。

空き瓶等を使い再生原料でグラスを作られているところです。 Details »

沖縄での休暇

滞在3日目は仕事を離れて観光です。

比地大滝という本島北部のトレッキングスポットへ向かいました。 Details »