常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

建築に詳しくありませんが、お名前は存じ上げております、堀口捨巳の設計。

1961年の竣工です。

外壁は紫色のタイル張り、1ピースが小さくて遠景ではモザイクタイルと分からないのですが、そのためかこのグラデーションが不思議な雰囲気を醸し出しています。

ガラスブロックやアクリルのプレート、いろいろと言い切れないのですが、細かい金具のひとつまで気持ちの良い用いられ方で。

カラーリングもまたおもしろく、エントランス正面の階段は金。

隣の展示室は銀。

採光部分。

赤い部屋は、

茶室へと。

その上階は緑。

補色の関係性で用いられているよう。

銀色の展示室の上部、採光窓の屋外部分はこのような様子です。

ガラスブロックにPタイル、採光窓などあらゆる部分が市松仕様。

それもこだわりのひとつと伺いました。

海が望めるロケーション、海上輸送にも便利な土地とのことですよね。

開館時には引かれている門扉も閉館日のこの日はご覧の通り、全貌が見られる稀な機会とあって。

お休みながらこんなに有意義な時間をいただけ、ご案内本当に感謝しています。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

無線接続

今、マクドナルドにいます。既に3時間を超えています。

マクドナルドで無線LAN接続サービスがあり、パソコンを持ち込めば接続することができます。 Details »

家の引越

家の方の引越を済ませ、中京区役所で転入処理をしている待ち時間、不動産屋さんから電話が入りました。

「オーナーのオッケーもらったよ!」と。 Details »

メタボ岡崎

明日は引っ越しです。

当初住居付き店舗を探していたのですが、京都の土地事情からすると、立地、家賃、改修の度合の面で、理想の店舗と住居を両立させことはなかなか難しく、結果別々に考えることにしました。 Details »

zac baran

検討している物件の地下1Fにあるバーzac baranにランチを食べに行きました。

京都では有名なsecond houseの初期店舗らしいです。 Details »