小代焼ふもと窯

玉名から荒尾へ移動、ふもと窯にて買い付けです。

小岱山(しょうだいさん)の麓にあってふもと窯、登ったことはないですが、山の方へ進んで行くと登山口があるらしいです。

広々とした環境 敷地内にこうして土が置いてあったり、登り窯があったり。

山際にあって緑に囲まれていて(その分この時季は冷え込みも厳しいですが)、きれいに整えられた仕事場、本当に気持ちの良い所です。

瑞穂窯に続きふもと窯の器も品出しは年明けの予定、完了次第ブログにてお知らせさせていただきます。

飴釉や白掛のスリップウェアに加えて、青白い発色が特徴の小代焼も買い付けをしています。

伝統的な小代の器は発色の触れ幅が広いため、直接買い付け時にのみご用意をしていまして。

上の画像にある5枚、同じ釉薬をかけて焼成をしていますが、発色には大きく個体差が生じます(クリックすると拡大します)。

小代焼らしい焼き上がりとして、窯が目指す着地点は真ん中にあるこちらなのですが、

私が個人的に好んでいるのが一番左のもの。

何とも言えぬ、沸々と滲み出てきたような青色に魅了される一番焼きの強いものです。

この上がりのものが欲しくて、変にこだわってしまい、結果頻繁に提供できない状況を作ってしまっていますが、同じく好みの方がいらしたらうれしく思います。

今回の買い付けも内容濃いものになっていますので、どうぞ品出しを楽しみにされてください。

熊本弾丸買い付け旅はこれにて終わり、食事もままならず、運転しながらが頬張って終了です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

渋うちわ

阿蘇の竹に手すきの紙、生麩の糊で貼り、自家製の柿渋を塗って仕上げ。

目の前で作っているところを見ることができました。

Details »

もうすぐ

ふと手に取った「BRUTUS」で小代焼ふもと窯が特集されています。

3月に注文をした分をいまかいまかと心待ちにしていますが、もうすぐ届く予定。

Details »

水無月

葵橋の近くを通ったので、ふたばに寄ってみました。

出町ふたばは豆大福を求める人々で列の絶えない和菓子屋さんです。

Details »

小鹿田焼が追加入荷しました。

大分の小鹿田焼、前回ほどの量ではないですが追加入荷しました。

Details »

スタンダード

労働者階級の人々にも買えるようにと、安価でかつ丈夫な時計を作っていたアメリカの時計メーカーTIMEX。

2010年の今年で創業156年となります。

Details »

永年の技術による現代のふきん

先日入荷のお知らせをしました「白雪スクワランうるおいたおる」ですが、肝心の白雪ふきんをご紹介していませんでした。

薄織物の産地である奈良で蚊帳を作っている垣谷繊維。 Details »

いただきもの・続

またいただいてしまいました。

遷都1300年に湧く奈良から「まんとくん饅頭」です。

Details »

白雪スクワランうるおいたおる

製造待ちの状態が続いているほど注文が殺到しているタオル、2ヶ月待ってようやく今日届きました。

「白雪スクワランうるおいたおる」は奈良で白雪ふきんを作られている垣谷繊維さんの人気商品で、美容に関心のある著名人の方々に支持されているそうです。

Details »

お茶の時間

元々はコーヒー用のガラスポットですが、家ではコーヒーはケメックスを使い、こちらは専らお茶ポットとして愛用しています。

このポットはそのまま電子レンジにかけることができるので、温め直しも簡単。

Details »

各地のもの

いただきものをすることが多く、ありがたいことに各地のおいしいものに満たされている日々を送っています。

先日お隣さんからいただいた味噌まんじゅう、静岡の和菓子屋さんのものだそうです。

Details »

SAVVY 8月号

3日間お休みをいただいていましたが、明日23日(水)は定休日を返上して営業しますので、どうぞご来店ください。

その明日23日発売のSAVVY8月号「京都 世界遺産とごはん」に掲載をいただきました。

Details »

うまいもの処

新潟は米処で魚処、美味しいものにたくさん出会った旅でした。

以前おみやげにいただいて食べたことがあるのですが、「あられの海」というおかきです。 Details »