常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

建築に詳しくありませんが、お名前は存じ上げております、堀口捨巳の設計。

1961年の竣工です。

外壁は紫色のタイル張り、1ピースが小さくて遠景ではモザイクタイルと分からないのですが、そのためかこのグラデーションが不思議な雰囲気を醸し出しています。

ガラスブロックやアクリルのプレート、いろいろと言い切れないのですが、細かい金具のひとつまで気持ちの良い用いられ方で。

カラーリングもまたおもしろく、エントランス正面の階段は金。

隣の展示室は銀。

採光部分。

赤い部屋は、

茶室へと。

その上階は緑。

補色の関係性で用いられているよう。

銀色の展示室の上部、採光窓の屋外部分はこのような様子です。

ガラスブロックにPタイル、採光窓などあらゆる部分が市松仕様。

それもこだわりのひとつと伺いました。

海が望めるロケーション、海上輸送にも便利な土地とのことですよね。

開館時には引かれている門扉も閉館日のこの日はご覧の通り、全貌が見られる稀な機会とあって。

お休みながらこんなに有意義な時間をいただけ、ご案内本当に感謝しています。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

通圓の茶だんご

せとかに続きまして、通圓の茶だんごをいただきました。

創業は1,160年との宇治茶の老舗です。

Details »

岩城島のせとか

タルトに続いてのいただきもの、岩城島のせとかです。

Details »

ラマルティーヌのタルト

企画展期間中にいろいろといただきものをいたしまして、ありがとうございました。

少しご紹介をしたく、まずは京都で一番好きな洋菓子店、ラマルティーヌのタルトから。 Details »

9周年記念企画展 終了しました。

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-は本日19時をもちまして終了いたしました。

Details »

残り2日

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-は明日6日(月・祝)が最終日、残り2日となりました。

Details »

ポット

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-リムプレートスープカップマグ・コーヒーカップに続いて、本日はポットのご紹介です。

Details »

マグ・コーヒーカップ

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-リムプレートスープカップに続き、本日はマグ、カップ類をご紹介いたします。

Details »

スープカップ

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-、この度は洋食向きの器を中心に揃えています。

Details »

白・瑠璃・飴

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-、企画展では通常販売時と色展開を変えています。

Details »

長谷川さんのジャム

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-、サブ企画の食品販売について。

昨日の玄米パンに続き、本日はジャムを12種ご紹介いたします。

Details »

遠藤製パン所の玄米パン

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-、昨日はパン皿として使いやすいリムプレートのご紹介をさせていただきました。

Details »

リムプレート

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-、この機会にとお願いしていたのがリムプレートです。

Details »