小代焼ふもと窯

玉名から荒尾へ移動、ふもと窯にて買い付けです。

小岱山(しょうだいさん)の麓にあってふもと窯、登ったことはないですが、山の方へ進んで行くと登山口があるらしいです。

広々とした環境 敷地内にこうして土が置いてあったり、登り窯があったり。

山際にあって緑に囲まれていて(その分この時季は冷え込みも厳しいですが)、きれいに整えられた仕事場、本当に気持ちの良い所です。

瑞穂窯に続きふもと窯の器も品出しは年明けの予定、完了次第ブログにてお知らせさせていただきます。

飴釉や白掛のスリップウェアに加えて、青白い発色が特徴の小代焼も買い付けをしています。

伝統的な小代の器は発色の触れ幅が広いため、直接買い付け時にのみご用意をしていまして。

上の画像にある5枚、同じ釉薬をかけて焼成をしていますが、発色には大きく個体差が生じます(クリックすると拡大します)。

小代焼らしい焼き上がりとして、窯が目指す着地点は真ん中にあるこちらなのですが、

私が個人的に好んでいるのが一番左のもの。

何とも言えぬ、沸々と滲み出てきたような青色に魅了される一番焼きの強いものです。

この上がりのものが欲しくて、変にこだわってしまい、結果頻繁に提供できない状況を作ってしまっていますが、同じく好みの方がいらしたらうれしく思います。

今回の買い付けも内容濃いものになっていますので、どうぞ品出しを楽しみにされてください。

熊本弾丸買い付け旅はこれにて終わり、食事もままならず、運転しながらが頬張って終了です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

再「陶工・河井寛次郎」

京都国立近代美術館で行われている「川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」展、最終日の本日もう一度。

Details »

鳳泉

河原町二条にある中華料理店、鳳泉で友人と晩ごはん。

Details »

梅酒仕込みの準備

DSCF1449

そろそろ梅酒作りの季節に、毎年恒例のご案内です。

Details »

6月の営業日

6月の営業日をお知らせいたします。

Details »

出町ふたば

出町ふたばの豆餅と水無月をいただきました。

Details »

SALAO

市役所近くのレストランカフェ、SALAOにお昼ごはんへ。

看板メニューとの大人のチキンライスをいただきました。 Details »

伏見稲荷大社

東福寺臥雲橋経由で伏見稲荷大社へ。

Details »

東福寺 臥雲橋

習慣にしています稲荷詣へ、開業日の周辺で参れる時にとあって毎年新緑の頃に。

Details »

いちご

いちごをいただきました。

ヘタの様子をご覧になればお分かりになるかと。 Details »

コレクション・ギャラリー

引き続き京都国立近代美術館にて、「陶工・河井寬次郎」展の後は4階のコレクション・ギャラリーへ。

Details »

「陶工・河井寛次郎」

今朝は「川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」を見に京都国立近代美術館へ。

Details »

ショート丈ヘンプソックス

ヘンプソックスの春夏限定商品、ショート丈のご用意ができました。

今年は切替かつ多色ミックスです。 Details »