元興寺

以前から行ってみたかったお寺、元興寺にも初詣へ参りました。

初めての正式な仏寺として596年に飛鳥に建てられた法興寺が元興寺の大元です。

平城京遷都をきっかけに現在の場所(奈良市)に改めて建てられることになり名を元興寺と、それから今年で1,300年になるそうです。

奈良時代の骨太で簡潔な建物は好きなものの機会があればと訪ねる程度、仏教や歴史に詳しくないのでその点はあしからず。

門を入った正面にあるのが極楽堂、国宝です。

中にも入りお参りしました。

構造上必要あっての柱の建て方なのでしょうが、内柱もまた気持ちの良い間隔で存在しています。(中は撮影不可だったと。)

扉や建具、格子組みなどの力強くきれいなこと、そのピシッと筋が通った様子、加えてシンメトリー好きにはグイグイくる格好良さです。

極楽堂とその後ろに続く禅室、飛鳥より瓦が運び移され、使われている数千枚は日本最古のものだそうです。

東大寺の大仏が完成した際の開眼法要は元興寺の僧が講師となり経を講じたとのこと、奈良に移った後も平城の飛鳥寺と呼ばれており、まさに仏教の源であるお寺と。

東大寺や興福寺に近く、ならまち観光の際に訪れやすい場所にありまして、折角ならと東大寺まで足を延ばしました。

途中でお餅休憩、高速餅つきで有名な中谷堂でよもぎ餅を。

この時は餅つき最中ではありませんでしたが、何事かと思うくらいの人だかり。

餅つきだけでなく従業員の皆さん手際が良く、注文を混乱なくさばかれていて、心配をよそにすぐに購入できました。

形をキープするのが難しいくらいの柔らかさ、そっとつまみながら、できたてをおいしくいただきました。

東大寺に到着するも大仏殿の拝殿には時間が足りず、南大門と金剛力士像だけを拝見。

ここだけでも(こここそ)と思っていたので、十分に満足です。

できれば同じ目線に立って見てみたいもの。

近づくと肉感に圧倒され、見下ろされている感に冷静になれず。

守護としての役割を全うされすぎて、毎度のことですが心穏やかな鑑賞が難しいです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

営業時間変更

本日23日(月)は17時閉店となります。 Details »

平安蚤の市

Exif_JPEG_PICTURE

毎月10日に岡崎公園で行われている平安蚤の市、今月は臨時日程があり、28日(土)、29日(日)にも追加で開催されます。

Details »

ねじりまんぽ

岡崎界隈散策(特に最近…)、大豊神社日の出うどん疎水の桜に続き、本日はねじりまんぽを。

Details »

取手付密封瓶

保存用品のご紹介、最後は取手付きの密封瓶です。

分厚いパッキンでしっかり密封、長期保存向きのガラス瓶です。 Details »

ステンレスキャップ保存瓶

保存用品続き、本日はガラス瓶のご紹介です。

キャップがステンレス製でサビにくく、衛生的なことはもちろん、 Details »

琺瑯製保存容器

昨日に引き続きの保存用品、こちらは直火、オーブン、冷凍使用ができる調理用具を兼ねた琺瑯製容器です。

Details »

大分、小鹿田焼の壺、各種追加しています。

Details »

疏水の桜

今朝疎水の脇で咲いていた桜、今日は寒の戻りでしたが、例年より早く開花しています。

Details »

京都市京セラ美術館オープン日

個人的にも楽しみにしていて、最近のブログ内でもちらほらと触れていました京都市京セラ美術館のリニューアルオープン、昨日情報が更新され、開館日延期が決定しました。 Details »

木材用メンテナンスワックス

木製品のお手入れ用に販売をしています天然素材のメンテナンスワックス、品切れしていましたが、先日追加入荷しました。

Details »

日の出うどん

大豊神社からは日の出うどんへ。

11時から15時までの営業の間、行列が絶えないことで知られるカレーうどんが名物のお店です。 Details »

大豊神社

雨の日は何かプラスで楽しみをと、早めに出掛けて散歩しながらの出勤を心掛けています。

今日は大豊神社へ参拝に行ってきました。

Details »