小鹿田焼入荷 番外編

小鹿田を訪ねた時に坂本浩二窯で分けていただいた商品のご紹介を。

普段お願いしている器とは少し違った類の品物です。

dscf2262

ぐいのみのそれぞれ、左ふたつは通常と変わらずの作りですが、一番右は白化粧をしていないもの。

dscf2264

小鹿田の土にそのまま緑釉を掛けており、土の様子が透け、面白い緑の色となっています。

こちらはかなり大振りなもの。

dscf2269

直に透明釉や黒釉と、燻されたような渋い色に焼けていまして、何色と言えない仕上がりです。

そしてこちらは土自体がいつもとは違っているのですが、浩二さんに「小鹿田の土ですか?」と不意に聞いてしまったもの。

dscf22621

地の土のみで混ぜ土をしないのが小鹿田焼と知った上で思わずの質問、それ程に手触りが全く違っていまして。

良く見ると土の粒が見えます。

dscf22641

原料は同じでも水簸する回数が異なるよう。

粗めで濾すため大きめの粒子が残るのですが、ろくろ挽きをする際には手が擦れて痛いのだとか。

土自体の粘りは低く、そのため通常のものより厚めの作りとなっています。

dscf2270

厚みはあってもスキッとした印象、野暮ったさはなく絶妙のバランスと思います。

dscf2260

こちらも化粧掛けはせずの直釉で、透明、緑、飴とそれぞれにご用意がありますので、光に当てて比べてみてください。

これらのぐいのみは息子拓磨君が作ったものです。

昔の陶工はこうした粗土を挽いてみたり、土瓶のツマミとして石を付けてみたりと様々に制作をされていたようで。

それによって道具が痛んだり、また焼き損じが多く出たりと数を作る仕事の中では難しい面があり、今は積極的に作ることはないそうです。

ただやってみることで普段の仕事に対して気付くことがあるものと、若いうちにできることはと先々を見据えての浩二さんの考え、引き継ぐ親の想いです。

そんな事情で制作自体が非定番のため、定番外商品として販売させていただきます。

日常的な仕事ではありませんが、これも小鹿田と深く納得。

目に付いたものひとつにも理由があり、やはり訪問は楽しいものです。

dscf2522

箸置きも少し分けていただきまして、双方売り場に追加しています。

年内の商品案内はこれにて最終、本年の営業日は残すところあと5日です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

6月22日〜28日の営業について

6月22日(月)〜28日(日)の営業日程をお知らせいたします。 Details »

大鵬

晩ごはんは二条の大鵬へ。

人気店のため普段は並ばないと入れませんが(前日までなら予約可能)、伺ったこの日はすんなりで。

Details »

珈琲山居

岩倉から移動して新大宮商店街へ、珈琲山居でひと休みです。

Details »

履物 関づか・岩倉 AA

4月に開店された「履物 関づか・岩倉 AA」へ先日伺いまして、素敵な開店案内をお預かりしてきました。

凸版で刷られており、紙の大きさは店主こだわりの8寸5分。 Details »

会期延期

2月にご案内をしていました大阪日本民芸館の春季特別展『民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-』、当初3月1日からの開催だった企画展は延期となりまして、5月21日より開館しています。

Details »

あいかむ

行動自粛期間を経て、約2ヶ月ぶりの外食は一乗寺のあいかむで。

Details »

6月15日〜21日の営業について

6月15日(月)〜21日(日)の営業日程をお知らせいたします。 Details »

保存瓶の在庫

先週掲載をした梅酒の仕込みについて、近所の露店でいい青梅があったので先日2瓶目を漬けました。

Details »

沖縄の器の話

2月17日のブログで紹介しました沖縄の器が苦手だったという方のお話、覚えていますでしょうか。

本日のブログはそちらを先にお読みいただいてからどうぞ。 Details »

洗濯用品

昨日、近畿地方は梅雨入りとなりました。

洗濯が悩ましい季節ですが、少しでもストレスを軽くするべく、洗濯用品は使い心地のいいものを選びたいところです。

Details »

Casa BRUTUS No.242

4月9日発売、マガジンハウス発行のCasa BRUTUS No.242に掲載をいただきました。

  Details »

ボン・ボランテ

荒神口のパン屋さん、ボン・ボランテのクロワッサンをいただきました。

ひとつはチョコ入りです。 Details »