豚バラもやし中華鍋

今回の鍋料理は、鶏ガラスープの中華鍋です。

具材は、白菜、ねぎ、きのこ類、マロニーに豚肉と普通の鍋料理とほぼ同じ。

水炊きをした後の旨味の詰まったスープを使い、そこにウェイパーを加えて塩こしょうで整えた中華風の味付けです。

ウェイパーとは、神戸にある中華食材店の練り調味料。

野菜炒めや炒飯を作る時にもウェイパーを少し加えるだけでお店でいただくような奥深い味になります。

私の家では必須のアイテム。

関西のスーパーなら大抵購入できるのではないでしょうか。

豚バラともやしをたっぷり入れて、黒コショウをかけていただきました。

塩味系の鍋は家庭で作ろうと思うと味気なくなりがちですが、ウェイパーひとつでがらっと変わります。

鍋料理のレパートリーに困ったら中華風はいかがでしょうか。

当店で販売しております伊賀焼の土鍋、ご好評をいただいておりまして初回入荷分はほぼ完売したのですが、先日追加分が届きました。

飴釉と青磁釉の2色のご用意なのですが、焼き上がりによって濃淡があります。

こっくりと深い飴色のものもあれば、

やや透け感のある軽めの飴色。

初回入荷時の青磁釉(中央)は淡めで、

追加入荷分ははっきりと鮮やか。

全く均一な色ではないために色味の幅がありまず。

在庫数がある時は全てご覧いただけますのでお好みの物をお選びください。

品薄の場合ご希望に添えないこともありますので、その点はどうぞご了承ください。

伊賀焼土鍋 飴釉・青磁釉

7寸(1人前、オーブン料理用)¥5,250

8寸(2~3人前)        ¥8,750

9寸(4人前以上)           ¥9,975

contact:info@rokunamono.com

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »

小鹿田焼 カップ追加

大分、小鹿田焼のスープカップと焼酎カップが追加入荷しています。

Details »

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »