山陰仕入旅 三徳山

延興寺窯の仕入の時間までと、三徳山三佛寺に立寄りました。

山歩き用の靴でないと入れないことは知っており、大山登山用の装備があれば問題ないと思っていたのですが…。

一度目の参拝料を支払う窓口の靴裏チェックで、「溝が浅いからそれでは難しいかもしれません。」と言われてしまいました。

入山に添わない靴の場合は、草履を買ってそれで上がらないといけないのです。

履き慣れない草履で、かつ素足の状態は避けたい。

多少の不安を抱えつつ本堂を通り、最終受付へ。

ここから先へ進むための参拝料を払い、登山届を書いて再度靴裏のチェックです。

私の前に団体の方がおられて、淡々と進む靴裏チェックの流れに乗ったのがよかったのか問題なく通れました。

草履着用が逃れられてひと安心。

三徳山に入る為には他にも制限事項があり、

食事、火気厳禁。

傷がつくため杖やストックの使用禁止。

両手が使える状態にすること(リュック着用など)。

一人での入山、単独行動禁止。

とあります。

雨や雪の日は閉鎖になり、また入山前日が悪天候の場合も入れないことがあるようです。

輪袈裟をして参拝開始。

片道40分ほどの道のり。

どんな道か知らずに来たのですが、この行程が非常に楽しい。

ひとつひとつこなして上がっていく充実感が味わえる楽しさ。

木の根に足を掛けてよじ登り、

足のやり場を考えながら進んでいきます。

つるりとした岩肌も多く、確かに溝の浅い靴では滑りますね。

私の山靴はかろうじてのクリアであったことを忘れず、ここは慎重に。

文殊堂が見えてきました。

岩の上に土台が組まれています。

くさり場を上がり、お堂の廊下の入り口には「土足厳禁」と書いてありました。

ということは、靴を脱げは入っても良いということですよね。

お堂の中は入れませんが、廊下はぐるりと回れるようで、

この感じ伝わりますでしょうか。

下を覗き込めないほどの高さ、人ひとり通れる幅の廊下の端には遮るものがなく、落ちたらそれまで。

景色はよく見えるのですが、

足がすくみます。

過剰なほどに安全対策がされる時代に、「自己責任です。」と言わんばかりのこの感じ。

この開放感が気持ちよくさえ感じてしまうのですから、いかに日常が保守的かと思います。

文殊堂からまた少し上がって、こちらは地蔵堂。

ここの廊下も同じ造りです。

再び靴を脱いで周回。

同じく感じる背中のぞくぞく。

鐘楼堂。

観音堂。

何故ここにという場所にありますよね。

裏を回って道を抜けるのですが、常に陽が当たらないのでしょう、洞窟の中のような空気。

観音堂からすぐ、最終地点の投入堂に到着です。

お堂の底面がほぼ全て見えています。

近づけるような道はなく、実際に見てもこの距離感です。

どうやって造ったんでしょうね。

驚きなのは平安時代の建築で、日本最古級のものなのだそうです。

投入堂と呼ばれているのは、役行者が法力でこの建物を投げ入れたとの言われがあるようなんですが、真相を知りたい。

これが見たくて三徳山に行こうと思い、決行した訳ですが、それ以上にこの行程に満足。

終始すんなりとはいかない山道に岩場、くさり場、お堂の廊下と、私にはエンターテイメント性を感じる参拝となりました。

気を抜くと危ない箇所が何点かありますので、真摯な気持ちでお参りすることを忘れてはいけませんがね。

今回の山陰仕入旅、ほとんど観光のようなブログです。

各窯で仕入をしている時には、器を見る行為に入り込んでしまって写真を撮ることを忘れてしまうのです。

買い付けの結果は店内の器を見ていただくことでお伝えできますし、とプラスに捉えておりますが。

充実の山陰3日間、長々とブログに書きました。

お付き合いありがとうございました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

6月1日〜7日の営業について

先週より通常時間にて営業を再開しました。

「こんにちは、お久しぶりです!」とのお声がけができ、
Details »

5月25日〜31日の営業について

現在、新型コロナウィルスの感染状況に応じながら少しずつ営業を再開しています。

予約制は25日まで、26日以降は以下のスケジュールで営業をいたします。 Details »

限定的営業再開

15日(金)より限定的ではありますが、営業を再開いたします。

在店が1組のみとなるよう予約制にて受付、入店いただける時間(店舗到着時間)は13:30〜19:00、水曜定休です。

ご希望の方は前日の18:00までにメールにてご連絡ください。 Details »

改めてお知らせ

昨日の緊急事態宣言指定地域の拡大を受けて4月17日(金)より期間未定の店舗休業といたします。

事前連絡制の期間もご利用がないことは承知の上で、最終的な選択肢としての策でしたが、深刻な状況を受けての決定です。 Details »

今後の営業について

4月12日(日)から事前連絡制での営業とさせていただきたくのお願いです。

本日発表された京都府、京都市の国への緊急事態宣言発出要請を受け、受理されるか否かに関わらず、深刻な状態にあることには違いなく、今後の営業を大幅に縮小することにしました。 Details »

お知らせ

この週末は通常通りの営業をさせていただきました。

明日も普段通りに開ける予定です。

毎日(営業日は)書いていたブログはしばらくお休みします。 Details »

ブルキナバスケット

アフリカはブルキナファソのバスケットが入荷しました。

再入荷までに期間が空いてしまいましたが、各サイズ揃っています。
Details »

お知らせ

新型コロナウィルス感染防止への対応につきましてお知らせです。

当店通常通りの営業をしていますが、 Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄、読谷山焼北窯の器が入荷しました。

Details »

哲学の道

今朝、スーパー帰りの哲学の道です。

リュックいっぱいに食料品が詰まっていたのですが、これを見たら寄らずにはおられず。 Details »

熊野橋からの琵琶湖疏水

本日正午頃の岡崎疎水沿い、ソメイヨシノが満開です。

Details »

よくある質問

初来店の方が多かったこの数日、ご自身の初めての陶器を当店で選んでいただき、興味の入り口となれたことがうれしい週末でした。

Details »