小代瑞穂窯 入荷しました。

カップが6個、5寸皿が16枚、6寸皿が4枚。

前回ほどの量ではありませんが、本日届きました。

カップは3月の入荷の時にはなかった、青のしのぎ模様です。

今回は特に、5寸皿の釉薬の溶け方が興味深いので、取り上げてご紹介したいと思います。

模様はいつもと同じ縦しのぎですが、溝になっている部分だけ黄みがかった白色が規則的に浮き出ています。

中央の深い青から外に向かって広がっているように見えていますが、実際は外側から内に向かって釉薬が流れています。

奥深くに静かな熱をもつ太陽のよう。

深い青には不思議な魅力がありますね。

今回青の5寸皿は8枚入荷したのですが、そのうちの3枚だけがこのようになっています。

そして、今回初めて6寸皿が入りました。

食パンを乗せるとちょうど良いサイズ。

この青い皿も、2枚入荷したうちの1枚だけが縁の色が変わっていて、淡くラインが入っているように見えます。

そしてもう2枚の6寸皿は、黄みがかった白の斜めしのぎ模様。

毎度新鮮な感覚を味わえます。

小代瑞穂窯

¥1,680〜

【ゴールデンウィーク中の営業日について】

通常は水曜日が定休となりますが、5月8日(日)までのゴールデンウィーク期間中は、毎日営業しております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

手造りかりんと

佐渡のお菓子、ワダコメの「手造りかりんと」をいただきました。

Details »

大文字登山 鹿ケ谷より

久々に大文字へと山歩き。

昨年の台風21号による被害で久しく閉鎖していた登山道、 Details »

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »