ANDADURA 商品紹介

昨日の内容から引き続きまして、商品紹介を。

まずはペンケースから。

ジッパーを開けると自然にこのような形になります。

使う時はペントレーのよう、そして持ち運びはコンパクトに。

必要以上に入れない、大人のペンケース。

続いて、財布。

私は真ん中を小銭入れ、この画像で言う上部をお札入れ、下部をカード入れにしています。

3ヶ所の収納部分はどれもカードサイズ以上の作りになっているので、つい増えがちなポイントカードなどを仕分けして、カードケースとして使ってもいいですね。

最後に小銭入れ。

掌に収まるサイズながら、ジッパーが対角線に付いているので、開口部が大きく取られています。

使う時に掴むようにすれば、さらに見やすく、取り出しやすく。

「素材を生かすこと」と「使いやすいこと」とが合わさると、自然にこうなるのではないかという形そのまま、ANDADURAの革製品はそんな風にも思えてきます。

また、革と比べて耐久性の弱い内張りをしないことで、修理がしやすくなっていることも長く使う上での配慮です。

ANDADURA

ペンケース ¥6,200 w205×h60mm

財布 ¥8,000 w115×h95mm

小銭入れ ¥6,000 w75×h75mm

contact:info@rokunamono.com

カラーは、ネイビーとブラウンの2色。

使う度に柔らかさと艶が増していくことも、使い続ける楽しみとなりますね。

天然素材であり、染色も手作業でされているため、一点一点風合いが異なります。

画像では伝わりきらない部分を、是非店頭でご覧いただければと思っております。

【お知らせ】

4月1日より11時開店、19時閉店となります。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

イチョウ材まな板 訳あり品

常時ご用意しているイチョウ材のまな板ですが、こちらは不定期入荷、訳ありものです。

Details »

緑茶の胡麻和え

いただいた宇治の新茶、出がらしの葉があまりにもきれいな緑色だったので、胡麻和えにしていただきました。

Details »

永谷宗園茶店の新茶

宇治にお住いの方より新茶をいただきました。

永谷宗園茶店の煎茶、天上天下一です。

Details »

CHIANTIのパルミジャーノ

東京は西麻布、CHIANTIのクッキーをいただきました。

Details »

木のひげのツーロングA

東京は多摩のパン屋さん、木のひげのツーロングAをいただきました。

好んでいる固い食べ物の話の流れから頂戴しまして。 Details »

餃子王

当店から徒歩数分の餃子王、食べ納めにと行ってきました。

というのも近々移転されるようで。

Details »

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »