お手入れー鉄フライパン・中華鍋ー

前回の白雪ふきんに続き、鉄フライパン中華鍋のお手入れ方法について。

初めて鉄製のものを使い始めるという方も多くいらっしゃいましたので、役立つ内容を盛り込みながらご紹介したいと思います。

購入後にしていただく空焚きの方法については以前のブログをご参考ください。

フライパンも中華鍋も共通ですが、使用した後は洗剤を使わずに亀の子束子を使って洗い落としてください。

調理後すぐの鍋が温かい時の方が簡単に汚れ落しができます。

その後は、火を入れて水分を飛ばし、ペーパータオルで薄く油を引いて保管してください。

ここまでは、お買い上げいただいた方にお渡ししている説明書にもある内容。

ここからは、追加の情報を。

もし焦がしてしまい、亀の子束子でも落としきれない場合は、水を入れて火にかけ、ふやかしてから再度試してみてください。

それでも取れない場合は、その部分だけを金属製の束子で擦ってください。

金属製の束子で擦った場合は、火にかけて水分を飛ばす際に、普段よりも念入りに焼き込みしてから油を引いてください。

サビの場合も上記と同じ操作で修復可能です。

鉄製の道具の良い点は、焦げやサビなどが付いても自分でメンテナンスができ、それ次第でより長く使えること。

鉄分摂取もできますしね。

焦げを取りきらずに残しておくと、その部分にさらに蓄積されて、後で余計面倒になりますので、早めに落としておくことをおすすめします。

私は、焼き魚もこのフライパンで作りますが、焦げ付かないようにするために、フライパンをよく熱してから食材を置きます。

これは、餃子や薄焼き玉子なども同じ。

強火でよくフライパンを熱してから食材を焼き、しばらくして火を弱める。

焦げそうだからと熱しきる前に置いてしまうとくっつきやすくなりますのでご注意を。

お使いいただいている方でお役に立つ情報があれば、是非参考にしていただき、これからも末長く使い続けていただきたいと思っています。

ご来店いただいた時に、相談いただいても結構ですので、何かありましたらお気軽にどうぞ。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »