Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

rainCOWとの単語は雨と牛との造語で、雨に濡れた牛革とのことから。

岡山に工房を持つANDADURAは、2年前の西日本豪雨の際に被災をされました。

工房は移転して再スタートされ、現在は以前と変わりないサイクルでご提供が叶っていまして、最近は既存品の制作と平行して災害の際に浸水した革の活用にも取り組まれています。

革屋さんとやり取りをされて再仕上げ、直しをかけて使用できる状態にしたものから、汚れを避けての制作と小物に絞って新たに型を起こされました。

期間限定の新作品になるのですが、当店ではカードケースを分けていただくことに、この度財布などと同じくブラウンとダークネイビーの2色について取り扱いを始めました。

収納した時にいい膨らみになるようにと計算されたRがきれいなカードケースです。

名刺入れとしても使えるサイズ設定で、ステッチは落ち着いた印象の同色仕上げ。

部材の取り方によって表面の様子がひとつずつ異なるのですが、こちらはやや凹凸があって、アイロンをかけた時のフェルトの跡が出ています。

すごく雰囲気のある質感だったので、山本さん(ANDADURAの)にこの仕上げのことについて質問をしていたのですが、出る時と出ない時があり、既存品での安定供給は難しいとのこと、Over the rainCowならではの物のおもしろさも詰まっています。

こちらは事情あっての制作品のため非継続品ですので、完売の際にはご了承ください。

ANDADURAユーザーの方にはお手持ちのものとの質感の違いについてもご興味を持っていただけるかと。

初めて手に取られる方は天然仕上げの革製品への入り口にしていただければと思います。

カードケース

¥2,000(抜)

w103×h64mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »

ツーウェイ

持ち運びに便利な幅5mmほどのスリムなペン。

Details »