薬匙

小さくて目立ちにくいのでご存知のない方も多いのかと。

リピート率の高い定番商品のいくつかをまた改めてご紹介したく、4連休中はこのシリーズでいこうと思います。

初日の今日はステンレス製の薬匙を。

昔、理科の実験で一度は見たことがあるかと思うのですが。

すくう部分が浅く柄が長めに作られているため、ジャムや蜂蜜をトーストに塗る際のヘラとして、またドリンクを混ぜるマドラーとしても向いています。

深さのあるスプーンより直線方向に力が加わりやすいので、カチカチに凍ったアイスを食べるにも便利。

元は口に入れるようには作られていませんが、わたしが体感する限り金臭さはないので、食事用にしていただいても大丈夫です。

個人的にしっくりきているポイントにこのちょうどいい重さもありまして、手に持って使う道具として心地いい重み、それは雑に扱っても壊れない安心感とも言えたり…。

反対側の微量な匙は使っても使わなくてもいいと思います。

この薬匙、出会いのきっかけは京都という土地とも関係がありまして。

友禅染めの染料を扱う職人さんの道具として需要があるもので、この他工房で必要な用具のいろいろを扱う専門の問屋さんが存在しています。

縁あってその問屋さんから分けていただいているのですが、京都らしい繋がりの商売だなと。

仕事として必要な方がおられる限り作り続けられる業務用品は、安定した需要から価格が手頃なのも魅力的。

注文すると配達に来てくださるやり取りもちょっと好きだったり、何かと詰まった商品です。

ステンレス薬匙

¥240(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »

ツーウェイ

持ち運びに便利な幅5mmほどのスリムなペン。

Details »