Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。

宿泊できることだけでも贅沢なのですが、親友が関係者とあって館内の隅々まで案内してもらいまして。

これから数回に分けて掲載させていただきますので、お付き合いどうぞよろしくお願いいたします。

今日は客室のご紹介を。

アジア圏で初めての開業とあり、どういうコンセプトになるのか注目をされていましたが、Ace Hotel Kyotoのテーマは「East meets West」。

至るところに和の要素が取り込まれていまして、例えばドアサイン(掃除要不要の)、ここではプレートではなく箒です。

表と裏で「NOW」と「NOT NOW」と。

天井の仕上げやエアコンの吹き出し口もご覧の様子。

カーテン、クッション、ベッドサイドのランプシェードはミナペルホネン。

レコードプレイヤーがありまして、折角なのでかけてみることに。

一番上にあったロッド・スチュワートを聴きながら探索続行、ベッドサイドのスペースは畳になっていて、座ったり物を置いたりといろいろできそう。

オーディオはチボリです。

ギターも自由に弾いてよく、

五線譜まで完備です。

「OKOSHI-YASU」封筒の中身はカードキー、持って帰りたくなるかわいさで(もちろん厳禁ですが…)。

環境への配慮はAce Hotelの基本理念、設置されている水は紙パックで、

歯ブラシは竹製、アメニティは天然由来の成分にこだわったukaのオリジナル品です。

日本人の好みに合わせて、深くて大きいバスタブ。

ドライヤーはわたしも愛用しているnobby、この風圧に慣れると他では物足りなくて、このセレクトはうれしいところ。

石鹸置きはしょうぶ学園、一部屋ずつ違う柄が置かれているそう。

テッシュケースはSIWAです。

スイッチの字体については、館内紹介の回で一緒に。

楽し過ぎて寝るのが惜しい夜でしたが、固めのスプリングが心地良いマットレスに横になったらすぐでした。

つづく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »

ツーウェイ

持ち運びに便利な幅5mmほどのスリムなペン。

Details »