琺瑯製保存容器

昨日に引き続きの保存用品、こちらは直火、オーブン、冷凍使用ができる調理用具を兼ねた琺瑯製容器です。

酸や塩分に強いのは陶器と同じくですが、琺瑯は加熱冷却が可能で、匂いや色が移りにくい素材です。

毎日ちょこちょこと料理しなくていいように副菜はまとめて作って保存しているのですが、容器ごと火にかけられるので鍋いらずで手間いらず。

お酢が好きなわたしは肉、野菜問わずに何かしら一品は酢漬けを作って常備しています。

鶏肉はバルサミコ酢(他調味料も)を使って、

赤玉ねぎは酒粕酢(他調味料も)などと。

梅酒を漬けて残った梅の実は、煮詰めた後に冷凍庫で保存、シャーベット状を楽しんだりもしています。

Exif_JPEG_PICTURE

他にも少しずつしか使わない調味料の類(味噌や酒粕など)は琺瑯容器に仕舞っていて、冷蔵庫の半分くらいはこの白い容器で埋まるほど愛用中です。

そしてお米はラウンド型のストッカーに。

中蓋があるので虫や湿気に強く、重ねて物が置けるフラットな形状は狭いキッチンでも難なくで。

付属しているシール蓋の他にも琺瑯蓋、密封蓋などパーツが充実していることも魅力的、永く使う上でも安心です。

当店では1点から注文をお受けしていますので、パーツをご希望の方もどうぞお気軽にお申し出ください。

野田琺瑯保存容器

¥1,100(抜)〜

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »

「水野美術館コレクション 美しNIPPON」

しばらく閉館をしていた”美術館「えき」KYOTO”が再開、7月4日(土)から「水野美術館コレクション 美しNIPPON」が始まります。

Details »

7月の営業日

7月の営業日をお知らせいたします。

Details »