木材用メンテナンスワックス

木製品のお手入れ用に販売をしています天然素材のメンテナンスワックス、品切れしていましたが、先日追加入荷しました。

そして今回より缶の仕様が変わっています。

ちょっとした変更ですが、保管時の乾燥をできる限り避けるため、スクリューキャップになりました。

オリーブオイルなど身近にある油でお手入れされる方もおられるようですが、メンテナンスの上で重要なことは木材の中の油分を満たしつつ表面はさらっと乾いた状態になること。

乾かない油を塗ってしまうとずっとベタベタした状態で、触れたものに油分を移してしまって、後々大変です。

こちらのワックスは塗っている間のベタつきはあれど、時間が経つとさらっとした質感になる乾性油。

そのため缶の中でも長期置いておくと表面が固くなってくるので、それをできる限り延ばそうと仕様変更になりました。

内側しっとり表面さらっとの仕上がりで、木製品全般に安心してお使いいただけます。

また天然成分のみで作られているため、化学薬品に敏感な方でも安心です。

乾くまでの間の匂いが苦手という方もどうぞご心配なく。

私自身気管が強い方ではないので、この手の製品はよりシビアな選択をしています。

換気せずともメンテナンスができるので、冬場の使用が億劫でないこともメリット。

乾燥した空気にエアコンの使用が重なり、この冬を越した家具などがカサカサしてはいませんでしょうか。

お手持ちの木製品の状態を確認いただき、気になる方はお早めに油分補給をどうぞ。

使い方などお尋ねありましたら店頭にてお気軽にお声がけください。

木材用メンテナンスワックス

¥1,500(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ぐい呑み

Meetsのテーマを拝借して、掲載をいただいたでく工房のガラスのぐい呑みの他、”家飲みを格上げする酒器”を少しご紹介させていただきます。

Details »

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »