日の出うどん

大豊神社からは日の出うどんへ。

11時から15時までの営業の間、行列が絶えないことで知られるカレーうどんが名物のお店です。

今はすんなり入店可能、こんな時こそ近場で費やし、日常を楽しもうとお腹空かして向かいました。

特カレーうどんを注文、肉、あぶらあげ、ねぎ入りの盛り沢山なカレーうどんです。

普通、中辛、辛口、激辛から選べる辛さは中辛で。

うどんが見えないほどたっぷりのカレー汁、まずはスープからいただきます。

スパイスが効いているものの和食感が強く、おいしい出汁の味にスープだけで飲み進めてしまっていました。

うどんが見えてきたところで絡めて一口、跳ねても大丈夫な紙エプロン付きです。

とろみが強いので熱々には注意、麺はやわやわの京うどんです。

こちらは小麦粉のとろみではなく、葛で餡状にしているよう。

温度が下がっていくとスープがシャバシャバになっていったので、おそらくそうなのかと。

メニューには葛あんかけうどんもありましたし。

たっぷりのスープを最後まで楽しもうと、具材を残しつつ調整しながらいただいていました。

もくろんでいたのは、ごはんの投入です。

追加注文で温かいごはんを確保して、ここから出汁カレーライスへとチェンジ。

個人的にはごはんとの相性の方が好みでして、そうなるとメニューにあるカレーライスも気になるところ。

でも出汁割りがおいしいし…と、既に次回のことを考え、大満足で後にしました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ぐい呑み

Meetsのテーマを拝借して、掲載をいただいたでく工房のガラスのぐい呑みの他、”家飲みを格上げする酒器”を少しご紹介させていただきます。

Details »

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »