御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

包装にあった品質表示から生菓子と焼菓子ということは判明、見た目から味の想像ができず、初めていただくお菓子に興味津々です。

きなこがかかっている生菓子(右)は葛餅のような食感で(葛粉は入っていませんが)、生地がぷるぷるです。

中身はこしあんなのですが、境目がわからないくらい双方共にきめ細やかなで、すっと溶けていく感じ。

焼菓子(左)はお皿に移すのが緊張するほど、新雪のようなほろほろ感です。

白あんを焼いているようですが、この繊細な味と舌触りは伝えきれない新感覚で。

京都の和菓子は底しれず、驚くばかりです。

掛け紙がまた素敵で、包みの表が通り名だったのですが、広げてみると御倉屋さん版の洛中洛外図。

全貌が気になりますが、一部だけでもずっと見ていられます。

いただきもの、ありがとうございました。

大変おいしく頂戴しております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »

小鹿田焼 カップ追加

大分、小鹿田焼のスープカップと焼酎カップが追加入荷しています。

Details »

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »