safari万年筆 限定ホワイト

開店当初から販売をしているドイツLAMYの万年筆ですが、度々の仕様変更に当店での扱いはマットブラックのみに限っていました。

この度は良いお知らせを、日本限定で発売されたホワイトが以前の仕様とあって取り扱いを始めることにしました。

昔から愛用している身としてはクリップとペン先がシルバーに変更(約9年前)になったことがどうしても許せず、シルバー仕様となった商品は取り扱いをやめていました。

クリップとペン先のカラーくらいと思われるかも…ですが、やっぱりsafariはこうでないと。

クリップとペン先がブラックのものは現在この2色だけ、ホワイトはイレギュラー商品のためいつまで生産されるか未定ですが、しばらくは2色展開で取り扱いをいたします。

初めてご覧になる方に、簡単ながら改めて商品のご案内を。

ボールペンと異なりインクの出る方向が決まっている万年筆は角度を保って書く必要があります。

慣れていないと書きながら回転させてしまうことがありますが、こちらは指を添える場所が分かりやすい作りになっています。

ふたつの窪みが分かりますでしょうか、小学生の時に使った書き方えんぴつを思い出す作り。

長時間書き続けても疲れにくい軽さとメンテナンスの簡単さもあって、気軽に使っていただける万年筆です。

インクはカートリッジとボトル、双方でのご用意。

付属の1本を使い切った後は使用頻度によってインクのタイプをお選びください。

どちらにされるかお悩みであれば双方の特徴をお伝えしますので、ご相談をいただければと思います。

万年筆のペン先につきましても太さが選べますので、ご希望によって提案させていただきます。

LAMY safari

万年筆 ¥4,000(抜)

ボトルインク ¥1,500(抜)

ボトルインク用カートリッジ ¥800(抜)

カートリッジ式インク(5本入) ¥500(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »

小鹿田焼 カップ追加

大分、小鹿田焼のスープカップと焼酎カップが追加入荷しています。

Details »

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »