safari万年筆 限定ホワイト

開店当初から販売をしているドイツLAMYの万年筆ですが、度々の仕様変更に当店での扱いはマットブラックのみに限っていました。

この度は良いお知らせを、日本限定で発売されたホワイトが以前の仕様とあって取り扱いを始めることにしました。

昔から愛用している身としてはクリップとペン先がシルバーに変更(約9年前)になったことがどうしても許せず、シルバー仕様となった商品は取り扱いをやめていました。

クリップとペン先のカラーくらいと思われるかも…ですが、やっぱりsafariはこうでないと。

クリップとペン先がブラックのものは現在この2色だけ、ホワイトはイレギュラー商品のためいつまで生産されるか未定ですが、しばらくは2色展開で取り扱いをいたします。

初めてご覧になる方に、簡単ながら改めて商品のご案内を。

ボールペンと異なりインクの出る方向が決まっている万年筆は角度を保って書く必要があります。

慣れていないと書きながら回転させてしまうことがありますが、こちらは指を添える場所が分かりやすい作りになっています。

ふたつの窪みが分かりますでしょうか、小学生の時に使った書き方えんぴつを思い出す作り。

長時間書き続けても疲れにくい軽さとメンテナンスの簡単さもあって、気軽に使っていただける万年筆です。

インクはカートリッジとボトル、双方でのご用意。

付属の1本を使い切った後は使用頻度によってインクのタイプをお選びください。

どちらにされるかお悩みであれば双方の特徴をお伝えしますので、ご相談をいただければと思います。

万年筆のペン先につきましても太さが選べますので、ご希望によって提案させていただきます。

LAMY safari

万年筆 ¥4,000(抜)

ボトルインク ¥1,500(抜)

ボトルインク用カートリッジ ¥800(抜)

カートリッジ式インク(5本入) ¥500(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »

「水野美術館コレクション 美しNIPPON」

しばらく閉館をしていた”美術館「えき」KYOTO”が再開、7月4日(土)から「水野美術館コレクション 美しNIPPON」が始まります。

Details »

7月の営業日

7月の営業日をお知らせいたします。

Details »