アルザス

先日長野から友人が来ていまして、久々にアルザスへ。

フランスはアルザス地方の料理を楽しめる一乗寺にある人気のお店です。

マスターおひとりで全てをこなしておられるのですが、料理のおいしさはもちろんのこと、居心地の良い雰囲気と接客の気さくさと、全てのバランスが最高で唯一無二の存在です。

伺うと必ずいただく鉄板メニューから、パテ、

ニンジンのラペ、エスカルゴを。

ほかほかでもちもちの山盛りパンは、エスカルゴのバジルオイルを染み込ませていただきます。

こちらは初めて注文した牛肉のグラタン。

ホワイトソースかと思いきや、マッシュポテトがこんもりと。

深みのあるオーブンウェアにミンチ肉がたっぷりと詰まっていて、底は肉汁がしみ出しスープ状に。

今まで食べたことのない料理に驚きです。

最後は鴨のコンフィ。

じっくりと熱が入っていて筋肉質な鴨の印象ががらりと、身も皮も柔らかです。

付け合わせのポテトも表面カリッと中はホクホク。

イモの甘みが引き出ていて、シンプルながら真似のできない味、主役級のおいしさです。

一皿ごとにボリュームがあるので、デザートまでたどり着けずにお腹いっぱいに。

毎回感動、大満足、京都にこのお店があって幸せです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »

小鹿田焼 カップ追加

大分、小鹿田焼のスープカップと焼酎カップが追加入荷しています。

Details »

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »