照屋窯

照屋窯へとご挨拶に。

娘さん、息子さんが一緒に作陶をされるようになり、安定した供給へと整いつつある照屋窯、この日は窯焚き前で窯詰めする器が所狭しと積んでありました。

左右目の色が違う白猫、私はこの時が初めましてだったのですが、飼っておられるよう。

神秘的な視線に釘付けでしたが、あいにく猫アレルギーのためこの距離が限界で…。

人なつっこく付いてくるものの、触ってしまうと大変なことになるので、やんわりと窯の方へ避難。

これから一仕事の登り窯。

宮古島から来られたというご夫婦と同席してお茶を。

カフェを営んでおられ、照屋窯の器も使っているらしく、灰汁を分けていただいていました。

かんすいを使用せずに灰汁でつなぐ本来の沖縄そばを提供されていて、思わぬプレゼントにとても喜んでいらっしゃいまして。

irayoi さんとのお店、宮古島に行かれる機会がありましたら是非どうぞ。

照屋窯へは挨拶目的に伺った今回、器がないので買い付けはしていません。

毎度少量の提供のためにご来店いただくのが申し訳なく、ある程度まとまってから店頭出しをしようと思っていたのですが、いつになるか分からずとあって保管していた分は一旦品出しします。

そちらは改めてご紹介させていただきます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »

小鹿田焼 カップ追加

大分、小鹿田焼のスープカップと焼酎カップが追加入荷しています。

Details »

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »