毎日新聞「ぶんかのミカタ」

毎日新聞12月28日夕刊、「ぶんかのミカタ」に寄稿させていただきました。

テーマは「きっかけとしての民藝」。

わたしは「下」を担当、「 上」は哲学者の鞍田崇さんです。

広く手に取られる新聞との媒体で、思っていることを言葉にする、しかも「民藝」についてと。

不慣れで苦手なことに完了するまで苦しい時間でしたが、追い込まれることを分かってお受けした次第、持てる時間で精一杯を尽くしました。

終わった今はこの上なくすっきり。

プレッシャーなくカレンダーを見られる心の軽さと、頭の中を整理できた気持ち良さと、提出して終わりと思っているところがわたしの足りないところですが…、ご反応は真摯に受け止めます。

多くの方が「上」を読まれてから「下」にとの流れと、上下連載企画とあってもそれぞれで完結しています。

高低差が激し過ぎて気が引けますが、こうしか書けない性分、どうぞお手柔らかにと思います。

【2019年12月21日(土)毎日新聞大阪夕刊】*毎日新聞デジタル版はこちら

ぶんかのミカタ きっかけとしての民藝/上

「どう生きる、声発し始めた人々」

哲学者・鞍田崇

【2019年12月28日(土)毎日新聞大阪夕刊】*毎日新聞デジタル版はこちら

ぶんかのミカタ きっかけとしての民藝/下

「速さや評価でなく、内面に目を」

生活用品店「ロク」店主・橋本和美

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »

ツーウェイ

持ち運びに便利な幅5mmほどのスリムなペン。

Details »