ggg

ギンザ・グラフィック・ギャラリーへ、「日本のアートディレクション展 2019」を見に行きました。

動画でなければ撮影可能です。

単純にグラフィックデザインへの興味から、そして日本の広告の今を知るにも有意義な機会。

視覚的に印象に残り、情報の伝達に足りるもの、そしてクライアントの意向にデザイナーの思考と、そこに予算も大きくあるのかと思いますが、広告って合理性にセンス、またコミュニケーションのバランスも取れる人じゃないとできないのかと、ザ「できる人」の象徴、尊敬の仕事で。

グラフィックの場合、手に取れる商品であったりフリーで持ち帰られるものも多くあり、距離が近いのも魅力と感じています。

たくさんある中、抜粋ですが少しご紹介を。

このあんペーストはGinza Sony Parkのとらやで販売していたもの。

原材料や保存方法、製造者など必要表記がラベルのメインデザイン、簡潔できれいです。

富山県美術館のポスターは自然の緑をイメージ、元は3枚組だそうで。

*気になる方は公式ページへ。

どこのものか一見わからない繋がり、こちらも印象に残るポスターで。

強風で過酷な環境として有名な地パタゴニアの大自然の中、小さくも力強く射す一筋の光。

ひとり進む様子にタフさがビシビシ伝わってきますが、マグライトの広告(右上に小さく表記)で、こういうのじわっときます。

グランプリは1枚目にある『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』のデザイン一連。

「文字が写真を、画像が言葉を互いに依存することなく、澄んだ空気の中で生き生きとしていて欲しいと思う。」と解説の中に。

なんと素敵な思い。

会期は終わっていますが、受賞作品のそれぞれ、日常に目にする機会もあるのかと。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »

QRコード決済

PayPayALIPAYとQRコード決済が使えるようになりました。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

この度もアイテムのみですが、ご紹介をさせていただきます。

Details »

杉戸煎餅

東京は葛飾、杉戸煎餅のかき餅をいただきました。

ずっしりめのかき餅、いただく前から青のりのいい香りが。

Details »

大阪日本民芸館 2020春季展

3月1日(日)から始まります大阪日本民芸館の春季特別展『民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-』、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

  Details »