「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

右が「カイ・フランク」展のポスター、展示室内は撮影禁止です。

当店でカルティオのグラスとティーマの器を扱っていること、ご存知の方は少ないのかもしれませんが、食器に興味を持ったのはカイ・フランクのものに出会ったからで。

食器に限らず、道具に生活品、広く物を選ぶ上で間違いなく大きな影響を受けたデザイナーです。

もちろん今も愛用していて、年々共感は増し、いろんな面においての根本、基本、わたしにとって変わることのない軸です。

本展はフィンランド・ガラス博物館とタウノ&リーサ・タルナコレクションからの出品展示、カイ・フランクの個展としては日本初、国際巡回と聞き葉山と遠出になるものの稀な機会と足を運びました。

カイ・フランクが影響を受けた工芸品にはじまり、四角形、三角形、円錐、円、楕円形、円柱との幾何学造形をテーマにメインは年代ごとの構成。

時代背景、デザインの考え方、そして実際のプロダクトを追った上で別室にあるアートワークを自然光の中で鑑賞です。

造形の気持ちよさや収納の合理性などわかりやすい面はもちろんのこと、量産する上での効率性や土着的な考え、そして控えめな人柄とその内側にも惹かれていまして、今回はその両面を深掘りできたことに胸いっぱいです。

わたしが最も感動するプロダクト、静かにじっくりと、目の前にある間を満喫しました。

日本には3回訪れているとのこと、北大路魯山人に濱田庄司、河井寛次郎とも会っているようですが、1番興味を持ったのが農村で働く人たちや日本家屋、そしてそこにある日常の様子だったそうです。

展示の最後に日本で撮影した写真が並べてあって、龍安寺や詩仙堂も訪ねたと、ミーハー心に改めてカイ・フランクの視点で拝観したい…と思っています。

中が撮影できないので、度々挟んでいるのは外の様子。

葉山には初めて参りましたが、深呼吸をしたくなる素敵な所で美術館からは富士山も見えました。

至極当たり前なことなのですが、一瞬はっとするのはなぜなのかと。

最後に図録にあった言葉。

デザイナーというものは、デザインするものが器であろうが単なるかたちであろうが、ガラスの特性をきちんと順序だてて把握し、それを踏まえたうえでデザインに臨むものである。

仕事に限らず、何かに向かう時の気持ち、足りていないのかも。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

平安蚤の市開催

毎月ほぼ10日に岡崎公園で行われている平安蚤の市、しばらく休止となっていましたが、今月より再開されるようです。

Details »

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »