「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

企画展については日本デザインコミッティーのサイトでお読みいただきたいのですが、出品者のひとりである鞍田崇さんにシンプルグラスを選んでいただき、物品提供のお手伝いをさせていただきました。

木工作家の三谷龍二さん監修のもと、それぞれ分野の異なる5名が工芸品を5点ずつ上げているのですが、うれしいことにデザインコミッティのサイト、イベントを紹介しているCasa BRUTUSのサイト共にシンプルグラスの画像が使われていまして、改めて惚れ惚れしている始末。

手に持った様子というのが個人的にツボでして、工芸品と言うと構えがちになってしまうイメージをぐっと身近に感じさせてくれていて、図らずも通じているんじゃないかと思いあがり。

「いちばんの魅力はほどよい存在感を与えてくれる、その重さ。」との鞍田さんのコメントに寄るところからとは分かっているものの、勝手にそう思って喜んでいます。

「工芸批評」、初めは何だか今の工芸界にメスを入れるような印象があったのですが、「デザイン批評や広告批評があるように、工芸批評があっていいと思ってきました。」との三谷さんの言葉から、デザインや広告と同じ域になるほど広く一般的な対象になっていると。

手仕事に変な特別感を抱かずにいる(いようとしている…)身として、その後冷静に理解。

前例のない企画が形になったすごさには高揚です。

企画展では物に加え、本の展示もされており、それぞれに添えられた言葉に注目な企画展、とは言え、順番や間隔などスペース全体細かく作り込まれているようですので、視野広くがいいのかと思います。

会期は11月6日まで、工芸品は一部販売もあり、詳しくは会場で尋ねられてください。

書籍「工芸批評」の販売もありまして、こちらの詳細は新潮社工芸青花のサイトよりどうぞ。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »

万博記念公園

大阪日本民芸館での鑑賞を目的に万博記念公園へ行ってきました。

Details »

酒器

秋になると探される方が多くなる器紹介、最終回は酒器を。

Details »