公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

いつもは太陽の塔を正面から眺め、中央口から帰りますが、今回は初めての西口へ。

公園西側は自然のエリア、梅林、竹林、森を抜けて西大路に到着です。

こんな素敵な道があるとは、人がいなくて、森の影での散歩も快適。

西口から東の方向を見た様子がこちら。

両脇に大きな木、道がまっすぐで、遥か先には夢の池の彗星モニュメントが。

万博記念公園の西端から東端まで見渡すことができるなんて驚きです。

時間に余裕があれば、ここから帰るのもたまにはいいかも。

西口を出てすぐのところに小さな公園があったのですが、ポツンとあった遊具がキワモノ過ぎて足を止めました。

今はうすだいだい色と言うようですが、ここでは肌色の方が艶かしさが伝わるかと思い敢えて。

わたしには繊毛や血管のように見え、これは内臓イメージの遊具かと心掴まれまして。

何か他にポップなテーマがあるのかもしれませんが、どう見ても子ども受けしなさそう、見れば見るほど謎だらけ。

最後にこんなものに出会えるとは、万博記念公園は敷地の外も見逃せないです。

そんな目線で見てみると茨木駅周辺もその延長上。

同時代のマンションですかね、歩道橋のカラーリングもレインボーの標語表示も、70年代の街そのままに見えてきます。

万博開催時に街が整備されたこともあると思いますが、こちらJR茨木駅の西口(バスの中から撮影しているので写り込んでます…)、街の様子も楽しみの対象です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »

QRコード決済

PayPayALIPAYとQRコード決済が使えるようになりました。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

この度もアイテムのみですが、ご紹介をさせていただきます。

Details »

杉戸煎餅

東京は葛飾、杉戸煎餅のかき餅をいただきました。

ずっしりめのかき餅、いただく前から青のりのいい香りが。

Details »

大阪日本民芸館 2020春季展

3月1日(日)から始まります大阪日本民芸館の春季特別展『民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-』、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

  Details »