日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

広さ26ヘクタールと広大、関西流に言うと甲子園球場約7個分。

10月でも真夏の暑さだったこの日、いちばん気温の高い時間帯ともあって周遊ではなく、ちらっと見学。

正門からすぐの心字池は中央休憩所から眺められ、ここからだけでもきれいな庭園を堪能できます。

建物はおそらく当時のまま、白黒に直線とこのルーバーの感じが70年代モダン、純和風庭園にあって格好いいです。

ルーバーから階段を下がっていくとお手洗いがあるのですが、用はなくも興味あって吸い込まれるように下へ。

見所多く、日本庭園を周遊する日が来るとは毎度思えずにおります。

万博記念公園へ出かけたもう一つの目的がEXPO’70パビリオン。

2010年に資料館として再オープンしたことは知っていたものの、民芸館、みんぱくとハシゴをすると訪ねる余裕がなくなってしまい、行かずじまいだったところです。

日本庭園を出て太陽の塔の方向へ。

背後を左手に折れて少し行ったところ、元鉄鋼館を利用したパビリオンなのですが、その様子はまた明日に。

今回太陽の塔を正面から見ておらず、バックショットだけです。

いつもは中央口から出るところを西口へ行ってみたからなのですが、太陽の塔を見に回る以上にEXPO’70パビリオンに興奮したからと言う理由も。

続きはまた明日。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »

万博記念公園

大阪日本民芸館での鑑賞を目的に万博記念公園へ行ってきました。

Details »

酒器

秋になると探される方が多くなる器紹介、最終回は酒器を。

Details »