大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

 

正面入り口へは月の世界を右手にし、バラ園を抜けて直進です。

黒くて直線的で格好いい民芸館、辺りには建物がなくてアプローチが広いので、遠近感がおかしくなります。

ただ今開催中の秋季特別展「多々納弘光の仕事-出西窯を育み、民藝に生きた陶工-」を見に参りました。

館内は撮影禁止なので、展示の様子は是非実物で。

第1展示室では多々納弘光さん作の品々が展示されています。

ほとんどが型物の仕事なのですが、これだけ多種に渡っていること、そしてそれを残してあることにまず驚きでした。

型物の場合、装飾を施す際の土の硬柔にある程度幅が効くため表現も豊か、その数々興味深く拝見させていただきました。

民窯である限り窯としての仕事が主だったと思うのですが、個人を出さないとは言え垣間見えるのがおもしろいところ、こうしてピックアップされ集約してあるとより気付きやすくあります。

手の跡に共通点が浮かび、軸が通るような感覚でしょうか、予備知識なく真っさらな状態での鑑賞だったので余計にです。

新鮮な感動が多く思うところがたくさんあったので、帰り際にお声がけし、学芸員の方にお話聞かせていただいてなおさらに満足。

ご丁寧にありがとうございました。

会期は12月17日まで、フライヤーと特別割引券をお預かりしていますのでご来店の際にはご自由にお持ち帰りいただければと思います。

そして把手ものの作品にも注目してご覧ください。

多々納さんは森山さん(温泉津焼森山窯)が把手付けの教えを請うた方でもありますから。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

平安蚤の市開催

毎月ほぼ10日に岡崎公園で行われている平安蚤の市、しばらく休止となっていましたが、今月より再開されるようです。

Details »

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »