ポット・土瓶・急須

本日はお茶を淹れる器を。

沖縄、読谷山焼北窯のものは胴の丸みと三角の3本脚がユニークな形。

おおよそ湯のみ4杯分です。

こちらも沖縄、読谷山焼北窯のもの。

取手も陶製で、つまみのとんがりが良いアクセント。

おおよそ湯のみ6杯分です。

大分、小鹿田焼の土瓶はそろばんの玉のような形。

おおよそ湯のみ5杯分です。

鳥取、延興寺窯の面取ポット、揃いで湯のみのご用意もあります。

この形状は日本茶に限らず、紅茶やハーブティーなどにも使える見た目。

おおよそ湯のみ4杯分です。

島根、温泉津焼森山窯のポット。

小さいものからおおよそ湯のみ2杯、4杯、5杯分。

同じく島根、温泉津焼森山窯の急須。

右利きの方専用ですが、片手で湯切りをされたい方はこのタイプをどうぞ。

小さいものから容量はおおよそ湯のみ3杯、4杯分です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »

万博記念公園

大阪日本民芸館での鑑賞を目的に万博記念公園へ行ってきました。

Details »

酒器

秋になると探される方が多くなる器紹介、最終回は酒器を。

Details »