伊賀焼土鍋

通年販売をしている土鍋ですが、涼しくなったこともありお探しの方のご来店がちらほらと目立つようになりました。

当店で扱っている伊賀焼の土鍋の特徴や性質を簡単にご説明させていただきますので、土鍋選びの参考にしていただければと思います。

7寸、8寸、9寸の3サイズに青磁と飴の2色展開、計6種のご用意で使用例はおおよそ以下の通りです。

7寸:1人用の鍋料理、蒸し野菜、アサリの酒蒸しなど一品料理に。

8寸:2~3人用の鍋料理、蒸かし芋、ポトフやシチューなどに。

9寸:4~5人用の鍋料理、おでん、ブリ大根などに。

直火の他オーブンでもお使いいただけますので、ローストチキンなどグリル料理にもお使いいただけます。

蒸し料理や煮炊き料理に向くのは伊賀の多孔質な土によるもので、画像で伝わりますでしょうか。

空気の粒によって熱をため込んで離しにくいのですが、ダウンジャケットや断熱材を想像していただければわかりやすいかと思います。

空気が含まれていることで一度抱えた熱が放出しにくいとの原理、鍋が温まった後はじんわりとムラなく熱を伝え続けるので、食材がとろっと柔らかく、甘みを引き出しながら炊ける訳です。

少し平たい形状ですが、熱を抱えるということは蓋の中の空間もうまく使えまして。

鍋料理の際、長ネギ、白菜などじっくり火を通したいものはお出汁の中で、水菜、春菊、豚ロースなどさっと熱を入れたいものは最後に火を止め、数分間蓋の中で蒸していただければ程よく仕上がります。

高さのあるつまみも便利、裏返して卓上に置く際に扱いやすかったりと。

煮る、炊く、蒸すがおいしく調理できる伊賀土の土鍋、鍋料理にと検討の方が多いのですが、普段のお料理にもお使いいただければと思います。

蒸し料理をされたい方は相性抜群のステンレス足付浅型ザルもどうぞご一緒に。

土鍋をご検討の方には扱い方など店頭でもお話をしていますので、質問がありましたらお気軽にお声がけいただければと思います。

伊賀焼土鍋 飴釉・青磁釉

7寸 ¥5,000(抜)

8寸 ¥8,300(抜)

9寸 ¥9,500(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »

万博記念公園

大阪日本民芸館での鑑賞を目的に万博記念公園へ行ってきました。

Details »

酒器

秋になると探される方が多くなる器紹介、最終回は酒器を。

Details »