ヒマラヤンシェルパ

3日間の縦走を終え、車を停めていた大町に戻り最後はお疲れさまの食事会。

松本行きのバスが事故渋滞で遅れ、晩ごはんのスタートが21時前になってしまいました。

お腹を空かせて向かったのは、大町名店街の中にあるネパールレストラン「ヒマラヤンシェルパ」。

シェルパ族出身の方が営むお店で、後で知ったのですが、エベレスト登頂もされている山岳ガイドの方らしいです。

頼んだのはダルバード。

サラダ付きです。

豆(ダル)のスープとごはん(バート)の定食、ネパールの国民食のようで。

芋、青菜、漬物、

チキンの煮込みが付いていて、味のアクセントにと発酵系のもの(名前わからず)が添えられています。

おかずの味付けはクセはないものの塩味強め。

豆のスープをごはんにかけ、それぞれと交互にいただいていました。

ごはんがたっぷりあるので、全体の味のバランスはちょうど。

微量で試した発酵調味料は受け入れられず、相当なパンチ力です。

日本人は慣れない味かと、ネパールに行ったことのある友人に最初に聞いておいてよかったと。

口に入れる量を間違えたら大変なことになっていたと思います。

こちらモモはシェアしていただきました。

例えがうまくありませんが、水餃子の皮分厚いバージョン。

ひとつのボリュームがなかなか、年々焼き餃子より水餃子の方が好きになっているので、これもまた満足でした。

大町名店街、じっくり見てはいないもののとても気になる空気感。

マンホールが雷鳥なのは大町市共通のものと思いますが、海なし県の長野にあってなぜか周辺が海の生き物。

足が疲れて歩きたくなかったので探索しませんでしたが、まだまだ何かある気配です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »

万博記念公園

大阪日本民芸館での鑑賞を目的に万博記念公園へ行ってきました。

Details »

酒器

秋になると探される方が多くなる器紹介、最終回は酒器を。

Details »