鏡平から新穂高温泉

鏡平山荘で休憩し、新穂高温泉へ。

松本行きのバスの時間を気にしつつ、余裕をもって下山です。

コースタイムで3時間30分、立ち止まっての休憩は水分補給くらいで沢まで我慢と。

冷たい水で手拭いを濡らし、頭に巻いてクールダウン。

完全に乾くまで涼しい状態が続き、頭の熱が放散されて気持ちいいので、そのまま歩いていました。

山に限らず旅の時にひとつ持っていくと便利なのが手拭い。

タオルとして、日除けやマスクに、また緊急時の包帯がわりと。

*シンプルなものがお好きな方には当店の手ぬぐい、どうぞご覧になられてみてください。

わさび平小屋に到着、ここからバス停まで1時間なので、出発の時間から逆算してゆっくりすることにしました。

小屋の向かいには木陰があって川音も心地良く、一息つくにとてもいい環境です。

最終地点、新穂高温泉に到着です。

山のスイッチがオフになった途端、足取りが重くなり、舗装された階段がしんどい。

山が好きとの気持ちが身体を軽くしてくれていて、気力の高さで保っていたようにも思います。

これがバスに乗り、街に出て、いつもの景色にとなると身体はどんどん重くなり、晩ごはんの頃には10cmの段差がイヤになっていたり。

大町へ車を取りに移動し、お疲れさまの食事会は山絡みのお店で行いました。

山ブログ最終回はごはん屋紹介、ヒマラヤンシェルパで締めです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »

万博記念公園

大阪日本民芸館での鑑賞を目的に万博記念公園へ行ってきました。

Details »

酒器

秋になると探される方が多くなる器紹介、最終回は酒器を。

Details »