三俣蓮華岳

裏銀座縦走3日目、この日も予定より1時間繰り上げて4時出発にしました。

日の出までは約1時間、ヘッドライトをして登り始めるも30分もすれば辺りは明るくなってきます。

三俣蓮華岳まではコースタイムで1時間ほど、ちょうど山頂でご来光となる時間です。

三俣とはその名の通り、岐阜、富山、長野の県境にあるためで、所在地表記も3県それぞれにあるよう。

三俣峠で山頂方面と巻道経由の双六小屋へと分岐します。

山頂方面へ向かい、しばらくで標高2,841m三俣蓮華岳に到着です。

太陽はまだ雲の下、陽は射さないものの淡く明るくなってきました。

ものの数分で終わってしまうのですが、この空の様子が特に好きです。

暑くなる前に距離を稼ぎたく少し足早に。

山頂を過ぎたところからご来光を見る皆さんを眺め、先へと進みます。

黒部五郎岳と双六岳の分岐点、黒部五郎もまたいつの日か行ってみたい山。

この日も晴天です。

三俣蓮華岳から双六岳まではコースタイムで1時間30分、朝日で赤く染まる山並みを見られるのも一瞬だけ。

朝の支度を考えると今のところ頑張って4時出発です。

食事をとってテントを片付け、お手洗い(行列…)をとなると2時間前に起きているのですが、もう1時間早く出発できれば理想的。

この一番好きな時間帯に稜線歩きをじっくり楽しめたらと毎度思いまして。

早起き、次の山歩きの課題です。

目指す双六岳。

双六から見る槍ヶ岳が絶景と耳にしていたもので、楽しみ。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

10月の営業日

10月の営業日をお知らせいたします。

Details »

まな板の削り直しについて

当店で扱っていますイチョウ材のまな板、削り直しサービスについて変更がありますので、お知らせをさせていただきます。

Details »

京都市プレミアム商品券

10月1日の消費税率改定に伴い京都市が発行するプレミアム商品券ですが、当店でご利用いただけることになりました。 Details »

大阪日本民芸館 2019秋季展

12月17日(火)まで開かれています大阪日本民芸館の秋季特別展「多々納弘光の仕事-出西窯を育み、民藝に生きた陶工-」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

Details »

Cheer up!

Cheer up!のパンをいただきました。

当店から徒歩5分の距離にあって京都で一番好きなパン屋です。 Details »

丼碗

まだまだ暑い日が続きますが、少し涼しさが感じられるようになるとお探しの方が多くなるのが丼碗。

Details »

バジルで漬け込み

連日の太陽光がいいのか、ベランダに置いているプランター菜園のバジルが育って育って仕方なく。

Details »

ヒマラヤンシェルパ

3日間の縦走を終え、車を停めていた大町に戻り最後はお疲れさまの食事会。

松本行きのバスが事故渋滞で遅れ、晩ごはんのスタートが21時前になってしまいました。

Details »

鏡平から新穂高温泉

鏡平山荘で休憩し、新穂高温泉へ。

松本行きのバスの時間を気にしつつ、余裕をもって下山です。 Details »

鏡平山荘

双六小屋のテント場、8時でこれだけ残っているということはこちらも相当な混雑だったと。

Details »

双六小屋

双六岳からコースタイムで40分、双六小屋に到着です。

Details »

双六岳

三俣蓮華岳と双六岳の標高差は20m、なだらかなアップダウンはあるもののとても歩きやすい道です。

Details »