三俣山荘へ

ここから2日目の宿泊地点、三俣山荘を目指します。

コースタイムで約2時間半です。

次の分岐点までは比較的おだやかな道、ザ・山と渓谷な景色に遠近感が崩壊しています。

この旅2度目の雷鳥遭遇。

まず親を見つけては、辺りの子を探す。

雷鳥が飛んでいるところを見たことがないのですが(苦手らしいです)、いつかそんなシーンに出会いたいと思っています。

ワリモ北分岐に到着。

ここは高天原、祖父岳経由の雲ノ平、鷲羽岳経由の三俣山荘、沢沿いからの三俣山荘と様々に分かれる地点で、3年前に雲ノ平から祖父岳、鷲羽岳経由で三俣山荘へと歩いたので、今回は沢沿いコースで向かうことにしました。

その沢が思いの外深くて、結構な下りです。

足場は少し不安定、膝と足首に無理をかけないようにと少し神経を使いながら歩きました。

岩場で紛れていますが、ここでも雷鳥に遭遇。

鷲羽岳を経由しない分、気持ちとしては巻き道だったのですが、そう思わない方がよかったよう。

沢があるため気温は幾分控えめなものの、太陽の熱が相当で、今までの登山の中で一番暑かったように思います。

水を飲んでもすぐに乾いて軽く熱射病気味だったと、呼吸から出ていく水分を抑えたくて濡らした手ぬぐいで口を押さえて歩いていました。

岩苔乗越からは上りです。

少し頭がぼうっとしてきて、ここは写真なしです。

到着してすぐ、濡らした手拭いで頭をぐるぐる巻きにし、水分を十分に取って休憩しました。

しばらくで頭の痛さは治り、テント設営へ。

広い場所にも関わらず、相当な混雑です。

ピークシーズンとあっていつもとはシステムが違うよう、張れる所を確保してからの受付でした。

山荘は布団2枚に5人との表示…、来年は山の日を避けて行くべきかと。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ggg

ギンザ・グラフィック・ギャラリーへ、「日本のアートディレクション展 2019」を見に行きました。

Details »

Ginza Sony Park

続いてGinza Sony Parkへ。

Details »

GINZA SIX

久々の東京とあって銀座もいろいろと変わっていて、初めての場所巡りを。

こちらGINZA SIXです。

Details »

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »