水晶小屋・水晶岳

赤岳の上に建つ水晶小屋、南北どちらの縦走路から来てもややきつめの上りで、がんばりの後のオアシスです。

軽食や飲料を販売している売店が列をなしていて、日差しを避けられる小屋の中で並びながら息を整えていました。

休まれている方々も含め窓から見えるこの景色、登山の一コマ、良い画です。

「ゆっくり歩こう山と人生」、標語もまたナイスで。

三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋は同じグループで、これで3ヶ所とも立ち寄らせていただいたことになりました。

どちらも本当に気持ちの良い小屋で、疲れた身体に染み入るホスピタリティ、元気をいただく中継地点です。

軽く食事を取り、小屋で水を補給して水晶岳へのピストン準備と。

正午近くと暑さは増す一方、ただ荷物を置いていけるのがありがたく軽快にスタートです。

水晶岳へのピストンは約1時間、進行方向左手には3年前に歩いた雲ノ平が見えて、今まで歩いてきたところが頭の中で繋がっていきます。

水晶岳は別名黒岳、黒いからだと思いますが、いつか必ずと思っていた憧れの山のひとつです。

足場はゴロゴロとしたところが多く、後半はちょっとした岩場。

それでも軽いって素晴らしい、荷物がないので一歩が軽快です。

標高2,986m、水晶岳登頂。

どの山に登っても槍ヶ岳を見てはしばらく眺める。

高く尖っていて、どこからでも見つけやすくて、

北アルプスのシンボルです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

10月の営業日

10月の営業日をお知らせいたします。

Details »

まな板の削り直しについて

当店で扱っていますイチョウ材のまな板、削り直しサービスについて変更がありますので、お知らせをさせていただきます。

Details »

京都市プレミアム商品券

10月1日の消費税率改定に伴い京都市が発行するプレミアム商品券ですが、当店でご利用いただけることになりました。 Details »

大阪日本民芸館 2019秋季展

12月17日(火)まで開かれています大阪日本民芸館の秋季特別展「多々納弘光の仕事-出西窯を育み、民藝に生きた陶工-」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

Details »

Cheer up!

Cheer up!のパンをいただきました。

当店から徒歩5分の距離にあって京都で一番好きなパン屋です。 Details »

丼碗

まだまだ暑い日が続きますが、少し涼しさが感じられるようになるとお探しの方が多くなるのが丼碗。

Details »

バジルで漬け込み

連日の太陽光がいいのか、ベランダに置いているプランター菜園のバジルが育って育って仕方なく。

Details »

ヒマラヤンシェルパ

3日間の縦走を終え、車を停めていた大町に戻り最後はお疲れさまの食事会。

松本行きのバスが事故渋滞で遅れ、晩ごはんのスタートが21時前になってしまいました。

Details »

鏡平から新穂高温泉

鏡平山荘で休憩し、新穂高温泉へ。

松本行きのバスの時間を気にしつつ、余裕をもって下山です。 Details »

鏡平山荘

双六小屋のテント場、8時でこれだけ残っているということはこちらも相当な混雑だったと。

Details »

双六小屋

双六岳からコースタイムで40分、双六小屋に到着です。

Details »

双六岳

三俣蓮華岳と双六岳の標高差は20m、なだらかなアップダウンはあるもののとても歩きやすい道です。

Details »